@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

珪灰石【ケイカイセキ】

デジタル大辞泉

けいかい‐せき〔ケイクワイ‐〕【×珪灰石】
カルシウム珪酸塩鉱物。ガラス光沢がある白または灰色板状や柱状の結晶。三斜晶系石灰岩深成岩の接触により熱変成作用を受けてできる。ウォラストナイト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

珪灰石
けいかいせき
wollastonite

石灰岩接触帯に産する主要なスカルン鉱物の一つで、透輝石、ベスブ石、灰礬(かいばん)ざくろ石、方解石、石英などとよく共生して産する。また広域変成岩中、火山岩の石灰岩起源捕獲岩中にも産する。普通白色の繊維状結晶の集合をなすが、しばしば板柱状結晶もみられる。繊維状の透閃(とうせん)石や透輝石に似ているが、硬度が低い。パラ珪灰石といって、単位格子スケールの双晶の繰り返しでできた単斜晶系のポリタイプ(多型)があるが、普通の珪灰石とは結晶学的、光学的にのみ識別され、肉眼では区別できない。一つの標本中、両者が混在している例もまれでない。珪灰石より褐色みが強く、鉄を多く含むため、鉄珪灰石といわれていたものは、鉄バスタム石という独立種になった。これも石灰岩接触帯に産し、灰鉄輝石、方解石などに伴う。英名はイギリスの鉱物学者・化学者であったウォラストンにちなんで命名された。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいかい‐せき ケイクヮイ‥【珪灰石】
〘名〙 三斜晶系鉱物の一つ。カルシウムを含む珪酸塩が成分で、無色、または灰白色。石灰岩と花崗(かこう)岩、または閃緑(せんりょく)岩などの接触部において熱変成作用の結果生じたもの。釉薬や絶縁碍子(がいし)などに用いられる。卓石(たくせき)。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

珪灰石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

珪灰石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation