@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

班田制【はんでんせい】

大辞林 第三版

はんでんせい【班田制】
土地制度として班田を行うこと。また、その制度。日本では班田収授法、中国では唐の均田法。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんでんせい【班田制】
狭義にはほぼ班田収授法と同義に用いられることもあるが,一般にはやや広く,7世紀後半から10世紀初頭にいたる律令体制下の,日本古代の土地制度を示す語として用いられる。律令制では,実態はともかく建前としては,すべての人民村落に定住する水稲耕作民として把握し,これを国家が直接支配するために,すべての人民を〈〉に編成して戸籍を造り(編戸造籍),その戸籍に基づいて班田収授を行うとともに,計帳を作製して調庸などの人頭税を賦課するというシステムをとっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

はんでん‐せい【班田制】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

班田制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

班田制の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation