@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

現世利益【げんぜりやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

現世利益
げんぜりやく
仏教用語。を読み,真言を称え,念仏することなどによってもたらされる,この世で受ける菩薩などの恵み。この恵みを受けるために祈るのを現世祈祷といい,密教では種々の修法を行う。浄土教では,ことさらに祈ることを雑修とする。浄土真宗では現世利益を目指すことを否定し,信心が決定 (けつじょう) すれば,それによって現世利益はおのずから授かるものであるとする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんせ‐りやく【現世利益】
現在この世で受ける神仏の恵み。現益

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんぜりやく【現世利益】
この世で受ける息災延命などの仏・菩薩のめぐみ。来世に受ける利益を当益(とうやく)というのに対して現益(げんやく),現生益(げんしようやく)ともいう。《法華経》薬草喩品第五に〈衆生,是の法を聞き已って,現世安穏にして後に善処に生じ,道を以て楽を受け,亦法を聞くことを得〉とあるように,〈現世安穏・後生善処〉の現当二世の利益は人間の切実な心からのをあらわしている。一般に仏教寺院をその社会的機能の上から祈禱寺と回向寺の2種に分かつことができることは,仏教寺院がこの現当二世の利益という人間の基本的欲求にこたえてきた軌跡を示している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

現世利益
げんぜりやく

神仏などの加護によりこの世で得られる利益のこと。仏教では、『法華経(ほけきょう)』『金光明経(こんこうみょうきょう)』『薬師経(やくしきょう)』などの大乗経典で強く説かれ、祈祷(きとう)、読経(どきょう)、念仏などにより、延命、息災、治病などの利益が得られるとされる。とくに密教では加持(かじ)祈祷による現世利益が強調された。また日本の民間信仰やそれを基盤に生まれた新宗教は、現世利益をその基調とする。ただ、仏教のたてまえが現世利益を第二義的なものとしていることもあって、現世利益中心の信仰は「ご利益信仰」と蔑称(べっしょう)されることが多い。

[船岡 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんせ‐りやく【現世利益】
〘名〙 仏語。信仰や修行を通じて、この世で受ける利益。信心にもとづく恵み。念仏、祈祷(きとう)などによってさずかる息災延命、国家安穏など。現益(げんやく)
※三帖和讚(1248‐60頃)浄土「已上現世利益」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

現世利益
信仰や修行を通じて、この世で受ける利益。信心にもとづく恵み。念仏、とうなどによってさずかる息災延命、国家安穏など。

[使用例] 海へ出るなりわい故、海の神をまつるのは現世利益からいって当然だろう[水上勉*金閣炎上|1979]

[使用例] 現実の利害関係に根ざしたなまぐささが立ちこめ、国際競争にどう勝つかという目先の現世利益が、中心の課題になってきた[城山三郎*官僚たちの夏|1974]

[解説] 「利益」は仏を信ずることによって受ける恵み。やく

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現世利益」の用語解説はコトバンクが提供しています。

現世利益の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation