@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

現在物【げんざいもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

現在物
げんざいもの
能の曲の分類用語。幽霊の登場する夢幻能に対し,主人公 (シテ) が現実に生きた人物として登場する。シテが直面 (ひためん) ,すなわち素顔の男性の武人役で,男舞を舞うか,斬組 (きりくみ) といわれる戦い場を演じるのを原則とする。『安宅』『小袖曾我』『小督 (こごう) 』『夜討曾我』『橋弁慶』『忠信』など。一般に字義どおり広い意味に解されるようになり,『熊野』『自然居士』『俊寛』『弱法師 (よろぼし) 』などの類をもいう。五番立の番組で,4番目に演じられる,いわゆる四番目物 (→雑物 ) の一種。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんざい‐もの【現在物】
能の分類の一。歴史上の男性が存命中の姿で、直面(ひためん)でシテとして登場するもの。男舞をまうか、切組(きりくみ)を見せる。現在男物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんざいもの【現在物】
能の種別の名。〈現在能〉のうち,主人公が現実の男性である能を指す。面を掛けないので〈直面(ひためん)物〉とも言い,五番立分類(江戸時代の1日の番組編成基準に基づく分類法)の4番目に置かれる〈四番目物〉の一つである。男舞(おとこまい)を舞う《盛久》《小督(こごう)》,武士同士の斬合いを見せる《忠信》《夜討曾我》《橋弁慶》,芸能尽しの《放下僧ほうかぞう)》《望月》などがあり,人情的内容の《俊寛》《景清》も,面を掛けるが,これに含まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんざいもの【現在物】
能の曲種の名称。四番目物の一類。現在能のうち、主に男性の直面ひためん物をさす。「安宅」「俊寛」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんざい‐もの【現在物】
〘名〙 能楽で、歴史上の人物を主人公とし、シテは直面(ひためん)で、男舞を舞い、または切組をする。「安宅」「盛久」など。現在男物。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現在物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

現在物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation