@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

現在【げんざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

現在
げんざい
present
時は基本的に過去,現在,未来の3つに区分される。しかし,現在は,ほかの2つに比べると意識と実践に関して著しい優越性をもつ。意識において過去や未来が,いずれも「について」意識され,しかも,いまの意識によって意識されるものであるのに対し,現在は,それと同時に意識するものとしてありうる唯一の時である。他方,人間の行為の面からみると,現在は人間が自由に行為することを許された唯一の時である。この点から,過去は必然性に,現在は自由に,未来は可能性に関係づけられることがある。現在のこの2つの優位性は,早くから注されていて,その永遠化の試みは,古来,宗教哲学において絶えず行われてきた。 (→カイロス , 瞬間 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん‐ざい【現在】
[名](スル)
過去未来の間。過去から未来へと移り行く、今。また、近い過去や未来を含む、今。副詞的にも用いる。「数千年の時を経て現在に至る」「現在のところ見通しは立っていない」「現在、出張中です」
(時間を表す語の下に付き、接尾語的に用いて)変化する物事の状態をある時点で区切って示すときの、その時点。「八月末日現在の応募者数」
現に存在すること。目の前にあること。「現在する最重要課題」
(「現在の」の形で血縁関係などを表す語を修飾して)正真正銘の。まぎれもない。
「いはんや彼らは―の孫なり。しかも嫡孫なり」〈曽我・三〉
(副詞的に用いて)明白な事実であるさま。また、近い将来そのことが実現するのが確実であるさま。
「そなたは―奥様になることぢゃ」〈浮・棠大門屋敷〉
仏語。三世(さんぜ)の一。今、生をうけているこの世。現世
文法の時制の一。今の時点での動作・状態など表すときに用いる形。現在形。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんざい【現在】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんざい【現在】
スル
時間を三つに区分した一つ。過去と未来の間。刻々と過去へと移り過ぎてゆく、今のこの時。また、その瞬間を含んで近い過去から近い未来にわたる時間。 -の状況 -住んでいる町
時を表す語の下に用いられて 物事の変化する状態をその時点で区切ってとらえたことを示す。 一〇時-の気温
目の前にあること。確かに存在すること。 石炭時代に-せし一火山/日本風景論 重昂
(「現在の」の形で)まぎれもない。正真正銘の。相伝の主しゆうと-の聟を討ち/平治
(副詞的に用いられて)まぎれもなく。たしかに。 -血を配けた兄/魔風恋風 天外
三世の一。今、現に生を受けているこの世。現世。
文法で、時制の一。発言する時点での動作・作用・状態などを表す表現形式。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現在」の用語解説はコトバンクが提供しています。

現在の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation