@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

現象・現像【げんぞう】

精選版 日本国語大辞典

げん‐ぞう ‥ザウ【現象・現像】
〘名〙
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「此有様はもと地球と他の天体と相対して地球の動くがために生じたる現像なるゆゑ」
② (━する) 姿をあらわすこと。あることがらが、ある形をとってあらわれること。また、その形。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「人間といふ動物には外に現るる外部の行為と内に蔵(かく)れたる内部の思想と二条の現象(ゲンザウ)あるべき筈なり」
③ (現像) (━する) 写真で、撮影した乾板、フィルム、または焼付をした印画紙を薬品で処理して、映像をあらわし出すこと。また、その処理。
※通俗写真薬品解説(1920)〈高桑勝雄〉「Developing 現像〈略〉或は白金タイプ、ゴム、カーボン等の如く多少認め得べき画像を一層鮮明ならしむる処理を現像といふのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現象・現像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

現象・現像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation