@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

球技【きゅうぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

球技
きゅうぎ
ball games
ボールを用いるスポーツ競技の総称野球テニスラグビーアメリカンフットボールサッカーバレーボールバスケットボールハンドボールなど。中世ヨーロッパに簡単なボールゲームが生れ,民衆の打球戯やジュ・ド・ポーム (テニスの原型) のような貴族的球技も行われた。 16世紀にはフランスのスール,イタリアのカルチョ,イギリスのフットボールなどが現れ,18世紀の近代スポーツの成立とそれ以後の発展とともに,さまざまなゲームが育っていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅう‐ぎ〔キウ‐〕【球技】
ボールを使って行うスポーツの総称。野球・テニス・サッカー・バレーボールなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きゅうぎ【球技】
ボールを使って行う競技。野球・卓球・テニス・バレーボール・バスケットボール・ハンドボール・サッカーなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

球技
きゅうぎ
ボールを使って行うゲーム。投げる、打つ、つかむといった人類の本能に根ざしたスポーツである。古代ギリシアでも球技をスファイリセイスと称し広く奨励されていた。床に弾ませて落下してくるボールを競い取るウーラニアや、現代のラグビーに近いと思われるハルパストンなど多くの種類があった。
 現代の球技は、各種の器具を使ってボールを扱うものと、そうでないスポーツにいちおう分類できよう。ホッケー、アイスホッケー、ゴルフ、ポロ、クリケット、野球などは棒(スティック、バット)を使い、テニス、スカッシュ、バドミントンなどはラケットを、ラクロスやハイアライなどはそれぞれ独自の器具を用いる。器具を使わないでボールを扱う球技では、おもに手でボールを扱うハンドボール、バレーボール、バスケットボール、水球が、また、足でおもに扱うサッカーなどもあるが、併用するものも多く、分類はむずかしい。[石井恒男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐ぎ キウ‥【球技】
〘名〙 ボールを使って行なう競技の総称。野球、テニス、ラグビー、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、ゴルフ、卓球、ホッケーなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

球技」の用語解説はコトバンクが提供しています。

球技の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation