@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

球状星団【きゅうじょうせいだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

球状星団
きゅうじょうせいだん
globular cluster
種族 IIに属する数万ないし数十万個の恒星球状密集した星団銀河系のまわりにある直径約 15万光年のハローと呼ばれる球形の空間に分布している。ケンタウルス座ω星,きょしちょう座47番星,ヘルクレス座M13など 100個以上の球状星団が存在する。球状星団に含まれること座RR星型変光星の脈動周期と光度の関係を使って,球状星団と太陽の間の距離を正確に測定することができる。球状星団は,星団に属する恒星の色―光度関係(→ヘルツスプルング=ラッセル図)と恒星進化の研究に重要な天体である。また球状星団の運動速度,距離,および天球上の位置の情報を使って銀河系の質量を力学的に推定することもできる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅうじょう‐せいだん〔キウジヤウ‐〕【球状星団】
数万から100万個の恒星が球状に密集しているもの。中心になるほど密集。銀河系では約150個が知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうじょうせいだん【球状星団 globular cluster】
恒星がクモの子を散らしたように密集して見える天体。典型的な球状星団,りょうけん座のM3は,見かけの直径19分角,7等の明るさに見え,3.5万光年の距離にある。球状星団は全天に125発見されている。いて座の方向にとくに数多く見られる。1918年,H.シャプリーは球状星団の天球上の分布から,銀河系の中心方向を初めて明らかにした。球状星団は,銀河系の中心から1万光年以内の距離に多く,それより外では銀河中心距離の3.5乗に逆比例する空間密度で分布している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうじょうせいだん【球状星団】
数十万個以上の恒星が球状に集まっている古い星団。その直径は100光年程度。われわれの銀河系には約一三〇個が発見されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

球状星団
きゅうじょうせいだん
globular cluster
数十万から百万個程度の星が100から300光年程度の領域に球状に密集している星団。中心に行くほど星の密度が急速に高くなる。球状星団は、銀河系のハロー内に銀河系円盤(ディスク)を包み込むように分布していて、銀河系のできる初期に形成された天体と考えられている。もっとも近いもので地球から約7000光年、もっとも遠いものは約35万光年も離れている。種族の星からなり、重元素量は太陽の10%以下で1%以下のものも多い。球状星団では、寿命の短い青い主系列星はすでに進化してしまっているので、HR図(色-等級図)では、主系列はG型星程度より赤い部分しかなく、それが赤色巨星分枝へと滑らかにつながっている。また、赤色巨星より進化した星からなる水平分枝も顕著に見られる。近年は、銀河系以外の銀河の球状星団の観測も進んでいる。球状星団の光度関数から銀河の距離を推定することもできる。銀河系以外の銀河にある球状星団の個数密度や色分布などの性質は、銀河系のものとは異なる場合があり、球状星団のできるプロセスは銀河によって異なることが示唆されている。[岡村定矩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうじょう‐せいだん キウジャウ‥【球状星団】
〘名〙 数万から一〇〇万の恒星が、直径五〇~五〇〇光年ほどの空間に球状をなして密集している星団。銀河系の中心部に比較的多く分布し、銀河系に約一三〇個、アンドロメダ星雲に約二〇〇個が知られる。⇔散開星団

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

球状星団」の用語解説はコトバンクが提供しています。

球状星団の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation