@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

球茎【キュウケイ】

デジタル大辞泉

きゅう‐けい〔キウ‐〕【球茎】
地下茎の一。でんぷんなどの養分を蓄え、球形に肥大したもの。その頂端から新しい芽を出す。グラジオラスサトイモクワイなどにみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

球茎
 球状の地下

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうけい【球茎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうけい【球茎】
地下茎の一種。主軸をなす茎の基部がデンプンなどの養分を蓄えて球形に肥大したもの。少数の芽があり、サトイモ・クワイ・グラジオラスなどのように多年草の越冬器官となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

球茎
きゅうけい
地下茎がデンプンなどの養分を貯蔵して球形、卵形、楕円(だえん)体などの形に肥大したもの。サトイモ、グラジオラスなどの地下にでき、地上部が枯れても生き残って越冬器官となり、翌年には発芽して栄養繁殖を行う。塊茎(かいけい)との厳密な区別はできないが、概して軸が垂直でその頂端だけから発芽するなどの特徴がある。一方、鱗茎(りんけい)とも類似し、園芸ではともに球根とよばれるが、鱗茎は葉が多肉であるのに対し、球茎は茎が肥大している。[福田泰二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐けい キウ‥【球茎】
〘名〙 植物の地下茎の形態の一種。主軸の茎の基部にでんぷんなど多量の養分を貯え、球形で肉質になったもの。サトイモ、クワイなどにみられ、多くは球茎の上端から芽を出して新球茎をつくる。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

球茎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

球茎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation