@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

理気説【りきせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

理気説
りきせつ
Li-qi-shuo
中国,南宋の朱子によって大成された学説。朱子は,仏教理事などに触発されながら,程頤 (ていい) の「張載 (ちょうさい) の「」論などを統合し,きわめて完結性の高い壮大な体系をつくり上げた。それは,天地の間のすべての事物事象物質原理を気とし,その気の根拠に純粋無雑な理をおいたもので,宇宙論,人生論,道徳論のすべての領域が,この理と気によって説明される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りき‐せつ【理気説】
中国、宋代の儒学説で、宇宙本体を理とし、そこから生じる陰陽の気の運行が物を生じるとする思想

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りきせつ【理気説 Lǐ qì shuō】
理と気の関係をめぐる中国思想史上の学説。は事物の法則性をあらわす概念として先秦時代から使われ,も古代以来,事物を形づくりそれに生命を与えるガス状の物質と考えられ,中国人にはきわめてなじみ深いものであった。とくに道教中国医学では,病は体内をめぐる気の不調によって生じるとされ,その気をコントロールすることで長命が得られるとした。しかし,気を自覚的にその哲学体系に組み込み,気の存在論を作りあげたのは北宋の張載(横渠(おうきよ))が最初であり,気に対して理を立て,理と気によって世界をとらえようとしたのも同時代の程頤(ていい)(伊川)にはじまる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

理気説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

理気説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation