@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

琉球藩【りゅうきゅうはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

琉球藩
りゅうきゅうはん
明治初期,琉球 (沖縄) におかれた廃藩置県の際,鹿児島県に編入されたが,明治5 (1872) 年に分離して琉球藩となり,琉球国王尚泰 (しょうたい) が藩主となった。琉球は長年関係のあった清国との友交をも存続させようとしたことから,1879年日本政府は武力で王城を占領し,琉球藩を廃して沖縄県とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうきゅうはん【琉球藩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

琉球藩
りゅうきゅうはん
1872年(明治5)に琉球処分(1879)の布石として明治政府が設置した藩。明治政府は発足当初から、琉球の帰属を明確にするための方策を模索していた。1871年琉球の宮古(みやこ)島民が台湾に漂着して殺害されるという事件が発生、これを機に、琉球の住民が日本国民であり、琉球が日本の版図である点を明示するため、翌1872年9月14日付けの勅令で琉球王国を改めて琉球藩とした。また、国王尚泰(しょうたい)を「藩王」とし華族(侯爵)に列した。
 明治政府が前年に廃藩置県を実施したにもかかわらず、あえて琉球藩を設置したのは、将来の琉球処分(沖縄の廃藩置県)に向けての手順を踏むための布石であった。また、国王を「藩王」としたのは中国(清(しん)国)に対する外交的配慮からであった。琉球側はこの措置に対して警戒の色を強めたが、当初は政府の意図を十分に認識してはいなかったようである。1875年、松田道之(みちゆき)が琉球処分官となり琉球統合の作業が本格化すると、琉球側も事態の深刻さを悟って執拗(しつよう)な反対運動を展開した。一方中国側も琉球に対する宗主権を盾に明治政府を牽制(けんせい)するなど事態は紛糾した。1879年3月11日付けで松田は琉球藩を廃し沖縄県を設置する旨を布達し、軍隊・警察を率いて王宮首里(しゅり)城の明け渡しを実現した。こうして約6年半にわたって存在した琉球藩は消滅し、沖縄県が誕生した。なお琉球藩と名称は変わったものの、内実は従来の王国体制に変わりなく、琉球藩の消滅をもって初めて琉球王国も消滅した。[高良倉吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琉球藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

琉球藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation