@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

琳派【りんぱ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

琳派
りんぱ
江戸時代における絵画を主とする工芸,書などの装飾芸術流派光琳派あるいは宗達光琳派ともいう。俵屋宗達に始まる画風尾形光琳が大成し,酒井抱一へと発展した。絵画は技法,表現ともに伝統的なやまと絵基盤とし,画面の豊かな装飾性が特色。この派の作家としては宗達光琳本阿弥光悦,抱一のほか尾形乾山,深江芦舟,渡辺始興立林何帠らがあげられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りん‐ぱ【×琳派】
江戸時代の絵画の一流派。俵屋宗達本阿弥光悦として尾形光琳が大成し、酒井抱一などに受け継がれた。鮮麗な色彩金泥(きんでい)・銀泥を巧みに用いた装飾的な画風を特色とする。宗達光琳派。光琳派。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りんぱ【琳派】
桃山時代後期に興り,近代まで続いた造形芸術上の流派。宗達光琳派とも呼ばれ,本阿弥光悦と俵屋宗達が創始し,尾形光琳・乾山兄弟によって発展,酒井抱一,鈴木其一(きいつ)が江戸の地に定着させた。その特質として(1)基盤としてのやまと絵の伝統,(2)豊饒な装飾性,(3)絵画を中心として書や諸工芸をも包括する総合性,(4)家系による継承ではなく私淑による断続的継承,などの点が挙げられる。 刀剣の鑑定,磨砺(まれい),浄拭を業とする上層町衆の家に生まれた光悦は,寛永三筆の一人に数えられる書家であり,陶芸漆工の分野でもたぐいまれな作品を遺した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

琳派
りんぱ

宗達光琳派(そうたつこうりんは)ともいう。江戸時代を通じて栄えた装飾画の流派。江戸初期の俵屋(たわらや)宗達が創始、中期の尾形(おがた)光琳が大成したもので、彼らと関係の深い本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)、尾形乾山(けんざん)らの工芸を含めて扱う場合もある。狩野(かのう)派・土佐派のような幕府や宮廷の御用絵師ではなく、また世襲の制度をもたず、主として私淑・影響関係によって画系が成立している。日本の美術の伝統に存する装飾美・意匠美を近世の新しい感覚で追求し、その芸術は公卿(くぎょう)、大名、町衆(町人)の諸層に受け入れられて発展を遂げ、また近代の日本画・工芸意匠の世界にも少なからぬ影響を与えている。

 宗達は京都の町絵師で、初めは書の料紙の下絵や扇面画(せんめんが)などのデザイン的な画事をもっぱらとし、絵画性の強い画期的な意匠をつくりあげる。中年以後は大画面制作を手がけて優れた屏風(びょうぶ)絵を数多く残す一方、水墨画にも柔らかい墨調を生かして独自の日本的な墨画の世界を開拓した。中世の絵巻を模写して大和(やまと)絵の古典に学び、また題材の摂取に努める。宗達の好んで用いた物語絵と草花を中心とした花鳥画は、以後この派の主要な画題となり、ほとんどの画家が積極的に取り上げている。また彼の創案した「たらし込み」の手法も、同派の絵画を特徴づけるもっとも重要な技法として後継の諸作家によって継承された。大胆な構図と斬新(ざんしん)な意匠のなかにも、王朝以来の和様の美しさを尊重する伝統精神が貫かれ、その芸術は当時の公卿や上層の町衆たちに迎えられた。

 宗達と書画の合作を多数残している光悦は、親しい関係にあったとみられ、互いに造形上の影響を及ぼし合い成長したと考えられる。彼は能書家として知られる一方、陶芸・漆芸の方面でも活躍し、ことに光悦蒔絵(まきえ)の大胆・明快なデザインは、後の光琳にも大きな影響を与えている。宗達の後継者には俵屋宗雪(そうせつ)がいるが、彼は後年加賀(石川県)に移住したとみられ、以後この地方に「伊年」の印を用いた亜流の草花絵が流行する。

 江戸中期ごろ京都の呉服商の家に生まれた光琳は、本阿弥家の血を引くこともあってか、優れた造形感覚に恵まれ、絵画、デザインの両面に活躍する。ことに絵画は宗達に傾倒して学ぶところ多いが、その斬新な装飾性をさらに抽出、発展させて、より新しい造形様式を展開させる。本格的な画家としての出発は遅いが、没するまでの短い期間に多くの傑作を描き残している。また漆器、染織、陶器などの工芸品にも意匠を施し、その洗練されたデザインは世に「光琳模様」「光琳意匠」と称して愛好された。華美を好む元禄(げんろく)(1688~1704)の世相を背景に、鋭い美意識をもって絵画性と意匠性を統合して高度な装飾芸術をつくりあげた業績は大きい。光琳の弟乾山は陶芸家として知られるが、作陶技術よりもむしろ華やかな色絵付に本領があり、また晩年は和歌を題材とした絵画作品を多く残している。光琳以後、その絵画の追随者は多く、渡辺始興(しこう)、深江蘆舟(ふかえろしゅう)、立林何(たてばやしかげい)、中村芳中(ほうちゅう)らが輩出、始興以外はおおかた江戸を中心に活躍し、琳派後期の舞台は東に移行する。文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)に出た酒井抱一(ほういつ)は、光琳に深く心酔してその芸術の再興を志すが、むしろ彼の得意とした俳諧(はいかい)の世界にも通じる粋(すい)で、風雅な装飾画を残している。その門人の鈴木其一(きいつ)はしだいに師風を離れ、対象の明晰(めいせき)な形を執拗(しつよう)に追求する特異な作画をもって、琳派のなかでも異色の存在をなしている。このほか抱一の門流には鈴木蠣潭(れいたん)、酒井鶯蒲(おうほ)、池田孤邨(こそん)らの名が知られる。

[村重 寧]

『山根有三編『原色日本の美術14 宗達と光琳』(1969・小学館)』『東京国立博物館編『琳派』(1973・便利堂)』『山川武編『日本美術全集21 琳派――光悦・宗達・光琳』(1979・学習研究社)』『村重寧編著『アート・ジャパネスク14 琳派の意匠』(1982・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りん‐ぱ【琳派】
※こしかたの記(1961)〈鏑木清方〉柴田是真とその一文「抱一は狩野も土佐も円山も修めて琳派に赴いたが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

琳派
りんぱ
江戸中期,尾形光琳の始めた日本画の流派
光琳派ともいう。明快な構図と装飾性を特徴とする。本阿弥光悦・俵屋宗達の感化をうけた光琳が,大和絵の描法を大胆に装飾化した画派。弟乾山 (けんざん) や酒井抱一などに受け継がれた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琳派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

琳派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation