@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

琴古流【きんこりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

琴古流
きんこりゅう
尺八楽の流儀流祖は1世黒沢琴古。琴古は世襲幕末の4世まで続いたが,流の名称の確立普及は明治以後。流祖制定の本曲 36曲の伝承を基本とするが,明治以後は2世荒木古童が中心となり,三曲合奏を盛んにして流勢拡張。現在,都山流とともに尺八界を二大分。流の統一組織はなく,各派に分れている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんこ‐りゅう〔‐リウ〕【琴古流】
尺八の流派の一。初世黒沢琴古明和(1764~1772)のころ創始。都山(とざん)流とともに二大流派をなす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんこりゅう【琴古流】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんこりゅう【琴古流】
尺八の流派の一。明和(1764~1772)頃、黒沢琴古により創始された。明治に二世荒木古童が改良し、都山流とともに二大流派をなす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

琴古流
きんこりゅう
尺八の流派名。初世黒沢琴古(1710―71)を祖とする。琴古の名は4世で途絶したため、以後宗家はなく、多くの分派家元に分かれている。都山(とざん)流と並ぶ二大流派の一つ。黒沢家は、普化宗(ふけしゅう)両本山(一月寺(いちがつじ)と鈴法寺(れいほうじ))の吹合(ふきあわせ)(尺八指南役)を務めた家柄で、江戸を中心に親子三代にわたり繁栄したが、4世(3世の弟)は技量優れず、3世の高弟久松風陽(ふうよう)が実質的家元として芸を継承した。初世の門弟宮地一閑(いっかん)から、池田一枝―山田如童―豊田古童―荒木古童と伝わる流れを一閑流とよんだが、荒木は久松にも師事し、事実上再統一され、現在に至る。なお琴古流の名称は18世紀後半に現れるが、一般に使われるようになったのは明治初めの普化宗廃止(1871)以後である。初世琴古以来、伝来の本曲(ほんきょく)36曲を軸に、廃宗後確立された三曲尺八(外曲(がいきょく))に多数のレパートリーをもつ。上原六四郎が考案し初世川瀬順輔(じゅんすけ)が普及させた点符式記譜法や、曲線的な装飾を多用した本曲奏法などが特徴である。[月溪恒子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんこ‐りゅう ‥リウ【琴古流】
〘名〙 尺八の流派の一つ。普化(ふけ)宗尺八中興の祖黒沢琴古が明和(一七六四‐七二)のころ創始した。明治四年(一八七一)普化宗廃宗後盛んになり、都山流とともに尺八の二大流派をなす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琴古流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

琴古流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation