@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

琴平(町)【ことひら】

日本大百科全書(ニッポニカ)

琴平(町)
ことひら

香川県中西部、仲多度(なかたど)郡にある町。金刀比羅宮(ことひらぐう)の鳥居前町として発展してきた。1890年(明治23)町制施行。1955年(昭和30)榎井(えない)村と合併。1958年象郷(ぞうごう)村の一部を編入。琴平山(象頭山(ぞうずさん))山腹に鎮座する金刀比羅宮は通称「金毘羅さん(こんぴらさん)」として江戸時代には全国から参詣(さんけい)人を集め、一大歓楽地の観を呈した。文学にも取り上げられ、四国各地から金毘羅詣(もう)での街道が集中し、道標や常夜灯がつけられ、いまもその繁栄がしのばれる。現在も交通の要地で、JR土讃(どさん)線、高松琴平電鉄琴平線、国道32号、319号、377号が集中する。また、北に接する善通寺市には高松自動車道の善通寺インターチェンジがある。琴平山は神域であったので、クスなどの照葉樹林が残され、鳥獣の生息も多く、国の名勝・天然記念物に指定され、瀬戸内海国立公園に含まれている。参道入口から本宮までは800段近い石段道で、両側には古い土産物(みやげもの)店や食堂、旅館が並び、その町並み保存が望まれている。国指定重要文化財の旧金毘羅大芝居(金丸座(かなまるざ))は現存する日本最古の芝居小屋(1835年建築)といわれ、1985年より本格的な江戸歌舞伎(かぶき)の公演が復活、毎年全国から多数の見物客が訪れる。面積8.47平方キロメートル、人口9186(2015)。

[稲田道彦]

『『琴平町史』(1970・琴平町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琴平(町)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

琴平(町)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation