@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

琴棋書画【キンキショガ】

デジタル大辞泉

きん‐き‐しょ‐が〔‐グワ〕【琴棋書画】
中国で、士大夫の身につけるべきものとされたと書と画の四芸。日本でも室町時代以後、掛け物・襖絵(ふすまえ)・屏風絵(びょうぶえ)などの題材として盛んに描かれた。
[補説]書名別項→琴棊書画

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんきしょが【琴棋書画 qín qí shū huà】
中国において文雅の士の四つの遊び。あるいは〈四芸〉とも日本では称される。琴を弾じ,棋を囲み,書画をよくすること。文雅な芸として知識人の生活に密接なものとしてあった。唐の何延之《蘭亭記》にそれら四つを並称した例がある。画題の一つにも数えられる。ただ,中国では,唐の太宗の名臣をかいた伝劉松年《十八学士図巻》(台北故宮博物院)のように,具体的な故事に織りこまれてかかれることが多い。独立した画題として取りあげられる例は,伝如拙《琴棋書画図屛風》(大徳寺竜光院)など,むしろ日本に多く見られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きん‐き‐しょ‐が ‥グヮ【琴棋書画】
〘名〙 (「きんぎしょが」とも) 琴と碁と書と画。昔、中国においてこれを四芸と称し、士君子の余技として尊ばれた。画題として好んで描かれ、日本でも襖絵(ふすまえ)、屏風絵(びょうぶえ)などに多く描かれた。風流な遊びのこと。
※光悦本謡曲・善知鳥(1465頃)「士農工商の家にも生まれず、又は琴棋書画を嗜む身ともならず」 〔何延之‐蘭亭始末記〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琴棋書画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

琴棋書画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation