@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

環境庁【かんきょうちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

環境庁
かんきょうちょう
国家行政組織法および環境庁設置法に定められた国の環境行政機関。公害の防止,自然環境の保護・整備その他環境の保全をはかり,国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するため,環境の保全に関する行政を総合的に推進することを任務とする。1971年7月,環境汚染などいわゆる公害問題について,行政的にばらばらであった対策を統一的に処理するために,総理府外局として設置された。国務大臣である環境庁長官を長とし,内部部局として長官官房および企画調整局,自然保護局,大気保全局水質保全局の 4局が置かれ,中央公害対策審議会,自然環境保全審議会などの審議会,国立環境研究所などの施設等機関が設置された。2001年1月省庁再編により環境省となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんきょう‐ちょう〔クワンキヤウチヤウ〕【環境庁】
公害防止、自然環境の保護および整備、そのほか環境の保全に関する行政を総合的に担当した中央行政機関。昭和46年(1971)に総理府の外局として設置。平成13年(2001)環境省改組

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんきょうちょう【環境庁】
総理府の外局の一つで,公害防止,自然環境の保護等環境保全行政の企画・調整・施策の総合的推進を任務とする行政機関。1960年代以降の経済の高度成長の過程において公害問題の多発等環境問題が深刻化し,環境保全のための行政体制の整備の必要性が高まり,1971年7月に新設された。60年代末から70年代初めにかけて欧米先進資本主義諸国において環境行政機構整備の動きがあったが,これとほぼを一にしたものと見られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

環境庁
かんきょうちょう
国家行政組織法に基づき、環境庁設置法により総理府の外局として設置された国の行政機関。1971年(昭和46)7月に設立。2001年(平成13)1月の中央省庁再編で、庁から省に格上げされ環境省となった。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんきょう‐ちょう クヮンキャウチャウ【環境庁】
〘名〙 公害防止、自然保護などを目的として昭和四六年(一九七一)総理府の外局として発足した国の行政機関。平成一三年(二〇〇一)環境省に改組。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環境庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

環境庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation