@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

環境負荷【かんきょうふか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

環境負荷
かんきょうふか
人の活動が,人を取巻く環境に対し各種の干渉を生じ,自然に負荷を生じさせること。経済的,社会的な諸活動が拡大されると,開発,汚染物質放出など環境へ衝撃を与える。生産活動の基礎が農業におかれていた時代には,自然が耕地に変えられても,自然の生態系に依存して環境荷は小さいものであったが,工業が生産の基本となり,都市型社会へ移行すると,負荷量が大きくなった。とりわけ,日本では 1960年代の石油鉄鋼を中心とした重化学工業化の急速な発展と,都市の巨大化に伴い,都市を中心に負荷が極度に拡大して生活環境の質を急速に悪化させた。公害対策,廃棄物処理,乱開発規制などは,この環境負荷を抑制しコントロールする手段といえる。また近年では地球温暖化やオゾン層の破壊問題などを契機として,グローバルな視点から環境を考える重要性が指摘され,環境負荷も地球規模で判断していかざるをえなくなってきた。二酸化炭素の排出抑制やフロンガスの使用禁止など,産業活動や日常生活に大きな影響が出ても環境負荷を抑えることが必要とされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

環境負荷
温室効果ガスの増大や生態系破壊など、地球環境に与える負の影響。代表的な指標として、人間が消費する資源量を再生産に必要な面積で示した「エコロジカル・フットプリント」がある。
(2010-09-21 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

かんきょう‐ふか〔クワンキヤウ‐〕【環境負荷】
人の活動が環境に与える影響で、それによって環境の保全に支障が生じるおそれのあるものをいう。「排気ガスによる環境負荷の軽減を図る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環境負荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

環境負荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation