@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

環流【カンリュウ】

デジタル大辞泉

かん‐りゅう〔クワンリウ〕【環流】
[名](スル)
めぐり流れること。また、その流れ。「血液が体内を環流する」
大気や海水の地球規模の大きな流れ。
一度流れ込んだものが、再び元に返っていくこと。「投下された外国資本が形を変えて故国に環流する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

環流
 蒸留装置冷却器をつけて蒸留した蒸気を凝縮して,その一部もしくは全部を蒸留装置にもどすこと.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐りゅう クヮンリウ【環流】
〘名〙
① (━する) 水もしくは空気の流れなどが、めぐり流れること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「如此き地形なれども、河流は処々に環流して、運漕用水には乏しからず」 〔説苑‐雑言〕
② 一連の海流からなる、海洋の大循環系をいう。亜寒帯環流、亜熱帯環流、極流など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

環流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation