@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

環状岩脈【かんじょうがんみゃく】

岩石学辞典

環状岩脈
水平断面が同心円状から楕円状の厚い岩脈で,多数集まった岩脈群をつくる.多くの場合に岩脈はやや外側に傾斜し,中心とは反対方向に急傾斜する岩脈群で,Λ型となるか,立体的には垂直に近い円筒形となる.以前には断層貫入体(fault-intrusion)と呼ばれていた[Clough, et al. : 1909, Bailey & Thomas : 1924,片山ほか : 1970).環状貫入岩体(ring intrusion)[Bailey : 1919].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんじょうがんみゃく【環状岩脈】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

環状岩脈
かんじょうがんみゃく
ring dike

指輪のような環状(リングring)になった岩脈。火山が、カルデラをつくるような破局噴火をして、地下のマグマ溜まりにあったマグマが一気に噴出すると、一時的に地下に空洞ができる。地下の大きな空洞は保持できないため、この空洞の上の岩石は、下に少し広がった円筒形の断層ができることによって陥没する。この際、残っていたマグマが絞り出されて円筒形の断層の部分に沿って貫入し、結果的に円筒状の岩脈が形成される。これが長い年月かかって浸食され地表に現れると、地形図で環状の岩脈が見られることになる。環状岩脈が地表に現れ見られるということは、地形的な凹みであるカルデラが、現在は見られない場所に、かつて形成されていたことを意味する。このような陥没構造として残っているものをコールドロンcauldronとよぶ。

 宮崎県北部から大分県にかけて分布する新生代中新世中期の大崩山(おおくえやま)火山‐深成コンプレックス(複合岩体)では、東西35キロメートル、南北22キロメートルの楕円形(だえんけい)の環状岩脈が存在し、岩脈は最大で幅1キロメートルにも達する。この環状岩脈は、周辺の四万十帯(しまんとたい)の付加コンプレックスよりも浸食に対して強いため、切り立った山稜として認められる。なお、岩脈dikeとは、本来は塀という意味の英語が、地質用語に転用されたものであり、大崩山付近ではまさに巨大な塀の存在が見られる。

[村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環状岩脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

環状岩脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation