@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瓔珞【ようらく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瓔珞
ようらく
サンスクリット語のムクターハーラ muktāhāraまたはケーユーラ keyūraの訳語インド身分の高い男女が珠玉貴金属を編んで,首,胸,腕などにつけた装身具仏教では寺院内外の飾りや仏像の首,胸,衣服の飾りに用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐らく〔ヤウ‐〕【××珞】
珠玉を連ねた首飾り腕輪。インドにおける装身具であったが、仏教では仏像を荘厳(しょうごん)する飾り具をいい、また寺院内の宝華(ほうけ)状の荘厳をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

瓔珞
ようらく

仏具の一種で、纓珞、纓絡とも書く。梵語(ぼんご)ムクタハーラmuktāhāra、ハーラhāra、ケユーラkeyūraの訳。古代インドの貴族の装身具として用いられ、とくに首や胸を中心に、真珠・玉(ぎょく)・金属などを紐(ひも)に通したり、つないだりして飾った。仏教では仏像、とくに菩薩(ぼさつ)像などを荘厳(しょうごん)する飾り具として用い、また浄土では木の上からこれが垂れ下がっているといわれているため、日本の寺院では宝華形をつないで垂下させたものを寺堂内陣の装飾に用い、これも瓔珞という。

[永井信一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐らく ヤウ‥【瓔珞・瑤エウ珞】
〘名〙
① 珠玉や貴金属を編んで、頭・首・胸にかける装身具。仏菩薩などの身を飾るものとして用いられ、寺院内でも天蓋などの装飾に用いる。もとインドの上流階級の人々が身につけたもの。
※文徳実録‐嘉祥三年(850)五月壬午「后亦夢仏瓔珞。居五六日」
※太平記(14C後)二六「二仏の並び座す瓔珞(ヤウラク)を、暁の風に漂はせ」 〔南史‐林邑国伝〕
② 洋風建築の軒先につける垂れ飾りの板。
③ (①から転じて) 着物の裾などから垂れ下がるぼろや、天井にぶら下がる煤などをいう。
※雑俳・うき世笠(1703)「さまさまにやうらく下るけぶり出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瓔珞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瓔珞の関連情報

関連キーワード

ムック島

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation