@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瓠・匏・瓢【ひさご】

精選版 日本国語大辞典

ひさご【瓠・匏・瓢】
[1] 〘名〙 (古くは「ひさこ」)
① 夕顔・瓢箪(ひょうたん)などの総称。また、特にそれらの果実。なりひさご。《季・秋》
※書紀(720)仁徳一一年一〇月(前田本訓)「唯し、衫子(ころものこ)のみは全(おふ)し匏(ヒサコ)両箇(ふたつら)を取りて塞(せ)き難き水に臨みて」
② ①の実をくりぬいて作った容器。水・酒・穀物などを入れる。
※古事記(712)中(兼永本訓)「真木(まき)の灰(はひ)を瓠(ヒサコ)に納(い)れて」
③ (多く「杓」「柄杓」と書く) 水などをくむ用具。①の実を縦に二つに割って用いたところからいう。後には、木を刳(く)って作り、柄をつけたものなどもいう。ひしゃく。
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「福无き人は中途(みちなか)に病を得、一𣏐(ヒサこ)の湯、片手の米を得ず」
④ 紋所の名。①にかたどったもの。丸に一つ瓠、抱き瓠、三つ寄せ瓠などがある。
[2] (ひさご) 俳諧撰集。一冊。浜田珍碩(ちんせき)編。元祿三年(一六九〇)刊。奥州行脚後の芭蕉を迎えて、珍碩・曲水・乙州ら湖南の蕉門の人々によって興行された歌仙五巻を収める。「猿蓑(さるみの)」と並んで蕉風完成期の作風を代表する。俳諧七部集の第四集。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瓠・匏・瓢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瓠・匏・瓢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation