@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瓦塔【がとう】

世界大百科事典 第2版

がとう【瓦塔】
木造高層塔婆を写して焼かれた仏塔一種で,やや軟質の瓦製から硬い須恵器質のものまで,さまざまのものがある。通例,1.5~2.0mの高さのものが多く,塔身部,屋蓋,九輪,水煙の各部分に焼き分けられていて,五層塔が一般的である。完全に近い形を示すものとして,東京都東村山市廻田(めぐりた)および静岡県引佐郡三ヶ日町宇志出土の復元五層塔がよく知られている。出土分布は宮城県から熊本県までほぼ日本全域に及んでおり,百二十数例が知られているが,群馬県30例,埼玉県22例など,関東地方のみで過半数を超えている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

が‐とう グヮタフ【瓦塔】
〘名〙 須恵器(すえき)の塔婆(とうば)。各層ごとに焼いて組み立てたもの。奈良・平安時代の寺あとや、窯(かま)あとなどから出土する。寺院建立の予定地に建てたもの、木造の大型塔婆の代用としたもの、または墳墓上に供養塔として建てたものなどの諸説がある。東京都東村山市から出土の約二メートルの五重塔が有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瓦塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瓦塔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation