@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【キログラム】

デジタル大辞泉

キログラム【瓩】
国際単位系SI)の基本単位の一で、質量単位。初め1キログラム国際度量衡局にある国際キログラム原器の質量とされたが、2019年5月20日より、物理定数であるプランク定数を用いた定義に変更された。ほぼセ氏4度の水1立方デシメートルの質量に相当する。キロ。記号kg
[補説]「瓩」は国字。1889年より使用された国際キログラム原器は人工の器物であり、摩耗や汚れなどで質量変化を起こすという問題があった。そのため、プランク定数h光速度cおよびアインシュタイン特殊相対性理論から導かれる質量mとエネルギーEの等価性を表す関係式Emc2を用いて、1キログラムは周波数c2/(6.62607015×10-34ヘルツ光子と等価な質量と定義される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

キログラム【瓩】
メートル法による質量の基本単位。国際キログラム原器の質量をもって1キログラムとする。記号 kg  その1000分の1をグラム、1000倍をトンとする。 とも書く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瓩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation