@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瓶子【へいじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瓶子
へいじ
酒器の一種。上のふくらんだ細長い器で,口元は細,大きいものは高さ約 66cmにも及ぶ。おもに陶磁製での金属製のものもある。中世期に儀式用として,木製の朱・黒漆塗り地にを押し,鳳凰,竹,雲などの文様を描いた飾り用のものもつくられた。近世以降,清酒が一般に普及するようになってから,子は儀式,祝儀用となり,一般に清酒を入れるには徳利が用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へい‐じ【瓶子】
《「へいし」とも》
酒をいれて、つぐのに用いる器。形は細長く、胴が張って口が小さい。銅・錫(すず)・陶磁器などで作る。徳利(とくり)。
紋所の名。1図案化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいじ【瓶子】
酒を入れ,につぐ器。節会(せちえ)その他の供宴に用いる。銚子(ちようし)や提子(ひさげ)はつぎ口のある鍋形に,柄か鉉(つる)をつけたものであるが,瓶子はまるい形の胴に細首の口をつけたいわゆる徳利形をしたもので,その首を鳳(おおとり)形にしたものを〈胡瓶(こへい)〉といった。金銅白銅,銀,錫製があり,またこれらに毛彫で文様をほどこしたもの,あるいは青磁白磁,漆塗のものもあった。形は高さ約30cm前後から60cmに及ぶものもあり,7升入りの〈陶器鳥平瓶〉などというものもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいし【瓶子】
へいじ(瓶子)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいじ【瓶子】
酒を入れて、つぐのに用いる器。口の細い胴のふくらんだ細長い瓶。徳利とくり。へいし。 白銀しろがねの様器、瑠璃の御盃、-は紺瑠璃なり/源氏 宿木
家紋の一。を図案化したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

へいし【瓶子】
胴の上部がふくらみ、首と下部がすぼまった壺のような形、または下部はいったんすぼまってからに載っているように広がった形の、酒を入れて杯などに注ぐのに用いる容器素焼き、金属製、陶磁器製のものがある。こんにちでは、ふたの付いた、白色の素焼きまたは陶器製で神酒(みき)を神前に供えるのに用いるものをいうことが多い。◇古くは「へいじ」ともいった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいじ【瓶子】
「へいし」の古い言い方。⇒へいし

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

瓶子
へいし
古くは「へいじ」と読み、酒器の一種。現代の徳利(とくり)と同じ用途をもつが、形は、狭い口のついた細長い頸(くび)に、膨らんだ下部をつけたのと、狭い口に膨らんだ胴部をつけ、その下部を細くしたのとがある。古代の出土品に瓶(へい)とよぶ須恵器(すえき)があり、奈良時代にペルシアの影響を受けた唐から舶来した胡瓶(こへい)があり、いずれも瓶の上部が鳥首になっているのが特徴で、金銅製、陶製で三彩を施釉(せゆう)したもの、ガラス製がみられる。平安時代には木製挽物(ひきもの)仕上げで白鑞(びゃくろう)(錫(すず)と鉛の合金)蒔絵(まきえ)で桐竹鳳凰(きりたけほうおう)を描く瓶子(重文)が、奈良市・手向山(たむけやま)神社に残る。中世には木地挽物に朱漆や黒漆を塗り、漆絵を描いた瓶子が盛んにつくられた。しかし、鎌倉後半期に瀬戸中心に焼成、施釉の陶器が盛んとなり、その製品で岐阜県・白山(はくさん)神社瓶子は1312年(正和1)に奉納した銘文が刻まれており有名である。神前に一対を奉納するのが通常である。[郷家忠臣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へい‐じ【瓶子】
〘名〙 (後世は「へいし」とも)
① 酒を入れて注ぐのに用いる器。形は細長で、上部がふくれ下部は狭く、口が小さい。徳利(とくり)
※延喜式(927)四〇「諸節雑給酒器〈略〉白銅子六合〈五月減二合。七月加二合〉平文胡六口」
※高野本平家(13C前)一「頸をとるにしかじとて、瓶子(ヘイジ)のくびをとてぞ入にける」
② 紋所の名。①を図案化したもの。一つ瓶子、並び瓶子などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瓶子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瓶子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation