@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

甑島芙蓉布【こしきじまふようふ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

甑島芙蓉布[繊維・刺繍]
こしきじまふようふ
九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
薩摩川内市で製作されている。甑島は薩摩半島の西に浮かぶ島。その山林には多くの芙蓉が自生している。から採取した板状繊維を、細く割きで紡ぎながら長い原糸にする。明治時代初期までこの繊維を用いて衣類がつくられていた。その後、衰退したが、薩摩川内市下甑町に残されていた芙蓉の織物をもとに復元された。鹿児島県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

甑島芙蓉布
鹿児島県の甑島で生産される伝統的な織物。芙蓉の木の原料とする。県指定伝統的工芸品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甑島芙蓉布」の用語解説はコトバンクが提供しています。

甑島芙蓉布の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation