@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

甘麦大棗湯【かんばくたいそうとう】

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

かんばくたいそうとう【甘麦大棗湯】
漢方の一つ。生薬(しょうやく)甘草(かんぞう)小麦(しょうばく)大棗などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。子どもの夜泣きひきつけ、女性の不眠症自律神経失調症などに用い、のぼせ、精神的に不安定などの症状をともなうとき、とくに有効とされる。虚弱体質の女性と子どもがおもな対象。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版

甘麦大棗湯

(大杉製薬、小太郎漢方製薬、高砂薬業、ツムラ)


 小児の神経症夜泣きひきつけ)、女性の神経症ヒステリー不眠の治療薬です。おもに、夜泣き・ひきつけ・あくび・興奮が目立つ虚弱体質の小児や、悲観的な言動・興奮・不安・不眠などが目立つ、体質が虚弱な女性に用います。


①アルドステロン症、低カリウム血症、ミオパチーの治療を受けている人には使用できません。ほかの薬を服用している人は、あらかじめ医師に報告してください。


②長時間服用しているときに、血圧の上昇、むくみ、体重増加、脱力感、手足のけいれんや麻痺まひなどの異常を感じたら、服用を中止し、すぐ医師に報告してください。


③指示された期間服用しても症状が改善しないときは、医師に報告してください。

出典:病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甘麦大棗湯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

甘麦大棗湯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation