@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生の本能【せいのほんのう】

世界大百科事典 第2版

せいのほんのう【生の本能 Lebenstriebe[ドイツ]】
S.フロイト後期本能論で〈死の本能(衝動,死の欲動)〉と対立させた概念。正確には〈生の衝動〉ないし〈生の欲動〉。フロイトは前期の本能論では〈自我本能〉と〈性本能〉を対立させたが,〈死の本能〉を提唱するに及んで〈自我本能〉と〈性本能〉を〈生の本能〉のもとにまとめた。〈死の本能〉は生命を破壊し,無機状態すなわち死をめざすが,〈生の本能〉は,生命の統一性を保持し,さらにより大きな統一性を達成しようとする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

生の本能」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生の本能の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation