@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生ワクチン【なまワクチン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生ワクチン
なまワクチン
live attenuated vaccines
ワクチンに含まれている細菌ウイルスが,弱毒化されているが,生きているもの。痘瘡痘苗,結核の BCG脊髄性小児麻痺 (急性灰白髄炎) に対するセービンワクチンなどがある。保存用に凍結乾燥を行なったものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なま‐ワクチン【生ワクチン】
毒性の弱い、もしくは毒性を弱めた細菌ウイルスを生きたまま使うワクチン痘苗(とうびょう)BCGポリオ生ワクチンなどがある。生菌(せいきん)ワクチン。弱毒(化)ワクチン。→不活化ワクチン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なまわくちん【生ワクチン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なまワクチン【生ワクチン】
毒性を弱めた生きた細菌・ウイルスを含むワクチン。 → ワクチン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なま‐ワクチン【生ワクチン】
〘名〙 (ワクチンはVakzin) 伝染病を予防する目的で、人あるいは動物を免疫するために用いられる弱毒生菌ワクチンまたは弱毒生ウイルスワクチン。小児麻痺(まひ)のポリオ生ワクチン、天然痘の痘苗、結核のBCGワクチンなど。
※欲望の媒体(1962)〈邦光史郎〉七「僕の発する毒は、いわば毒性の弱い生ワクチンであり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生ワクチン
なまわくちん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生ワクチン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生ワクチンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation