@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生前【ショウゼン】

デジタル大辞泉

しょう‐ぜん〔シヤウ‐〕【生前】
せいぜん(生前)」に同じ。
「―の面目此上や候べき」〈樗牛滝口入道
生まれる以前。〈日葡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ぜん【生前】
その人が生きていたとき。死ぬ前。在世中。しょうぜん。「生前をしのぶ」「生前功労により」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐ぜん〔サウ‐〕【生前】
《「そう」は「しょう」の直音表記》生きている間。せいぜん。しょうぜん。
「―の親ならむ」〈堤・虫めづる姫君

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ぜん シャウ‥【生前】
〘名〙 (「しょう」は「生」の呉音) (今は死んでいる人の)生きている間。存命中。せいぜん。そうぜん。
※新撰万葉(893‐913)上「生前不幸希恩愛。歎殺蕭郎抂馬蹄
※曾我物語(南北朝頃)三「その忠節に申かへて、曾我の子どもをあづかりおき候はば、しゃうぜんの御恩と存じ候べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ぜん【生前】
〘名〙 生きていた時。死ぬ前。在世中。しょうぜん。〔広益熟字典(1874)〕
※日本読本(1887)〈新保磐次〉六「今日千万の金を積むとも生前一杯の水を供し難し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐ぜん サウ‥【生前】
〘名〙 (「さう」は「しゃう」の直音表記) (「死後」に対して)生きている間。存命中。せいぜん。
※堤中納言(11C中‐13C頃)虫めづる姫君「さうぜんのおやならむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生前の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation