@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生化学的調節【せいかがくてきちょうせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生化学的調節
せいかがくてきちょうせつ
biochemical modulation
最近,の化学療法に持ち込まれた概念。抗癌剤 effecting agentを投与する際,それと同時にあるいはその前後に,ある物質 modulatorを投与することによって,その抗癌剤の活性化を促進したり分解を抑えたりすることである。これによって抗癌剤の効果を高めたり,正常細胞に対する毒性を軽減したりするメリットが得られる。この場合の modulating agent; modulating factorは抗癌剤でも非抗癌剤でもかまわない。臨床の場で用いられている代表的な治療法としては,5-Fu-MTX (メソトレセート) 交代療法,5-Fu-ロイコボリン併用療法あるいはテガフール+ウラシル (UFT) などがあげられる。またビンクリスチンアドリアマイシンなどの薬剤における耐性ベラパミルといったカルシウム拮抗剤との併用により克服するような研究も進められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生化学的調節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生化学的調節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation