@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生命論【せいめいろん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

生命論
せいめいろん
philosophy of life

生命をどのような存在とみなすかについての理論的、体系的な考察をいう。古代ギリシアにおいては、デモクリトスらの原子論者が機械論的な生命論を展開し、生命は無機的な原子が偶然に結合することによって生じたものとした。それに対してアリストテレスは、事物はそのものの本性を実現する目的論的過程にあり、たとえば植物の場合は、種子が発芽し、成長開花するのが、それにあたるとした。その過程は機械論的な原理によって生ずるのではなく、目的因によって方向づけられているものとされた。古代・中世を通じてアリストテレスの見解がヨーロッパでは支配的であった。

 近代科学が誕生すると、機械論的自然観が支配的になり、生命は機械的過程に還元できるとする考えが有力になった。しかし、生物には無機物とは違った原理が存在するという見解も繰り返し主張され、機械論と目的論の関係をどう考えるかは重大な問題となり、それと関連して生気論や全体論とよばれる見解も主張された。しかし今日では、多くの科学者は機械論的な見解を支持している。生命観ということばを生命論の意味で使うこともある。

[横山輝雄]

『スミス著、八杉龍一訳『生命観の歴史』上下(1981・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいめい‐ろん【生命論】
〘名〙 生命とは何かについての説や理論の総称。機械論、生気論、有機体論などが代表的。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生命論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生命論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation