@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生坂藩【いくさかはん】

世界大百科事典 第2版

いくさかはん【生坂藩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉プラス

生坂藩
備中国、窪屋郡(現:岡山県倉敷市の一部、総社市の一部)を主な領地とした岡山藩支藩で、藩祖池田光政の3男、池田輝録(てるとし)。生坂藩としての正式な立藩は明治改元後の1970年で、翌年には廃藩置県を迎えた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生坂藩
いくさかはん

岡山藩の支藩。外様(とざま)。藩祖は岡山藩主池田光政(みつまさ)の三男池田輝録(てるとし)〔八之丞政倫(まさみち)〕。輝録は若原監物(けんもつ)、ついで熊沢蕃山(ばんざん)の養子となり、1657年(明暦3)蕃山の知行(ちぎょう)3000石を相続し番頭(ばんがしら)となる。1672年(寛文12)光政隠退のとき、岡山藩備中(びっちゅう)領分のうち新田を含む1万5000石を分与される。生坂藩として立藩したのは1870年(明治3)。それまでは本藩が支配し、同年備中国生坂村(倉敷市)東雲院に藩方を設けたが、翌1871年廃藩置県で生坂県となる。

[柴田 一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生坂藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生坂藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation