@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生死【しょうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生死
しょうじ
仏教用語。生命体が成立することと,生命体が活動を停止すること。仏教では,生きとし生けるものは母胎胎児として宿ったときから絶えず生滅を繰返すとし,これを刹那の生という。また,青年時代を経て死にいたることを一期 (いちご) の生死という。この生死を無限に繰返す状態が輪廻 (りんね) である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐じ〔シヤウ‐〕【生死】
《「しょうし」とも》
生きることと死ぬこと。生と死。「生死を共にする」
仏語。衆生(しゅじょう)が生まれては死に、死んでは生まれる苦しみ・迷いの世界。輪廻(りんね)。
死ぬこと。死。
「―の到来ただ今にもやあらん」〈徒然・四一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐し【生死】
生きることと死ぬこと。生と死。いきしに。しょうじ。「生死をともにする」「生死の境をさまよう」「生死不明」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうし【生死】
生きることと死ぬこと。せいし。 -の境に迷ひしが/鉄仮面 涙香しょうじ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうじ【生死】
しょうしとも
生きることと死ぬこと。せいし。 -の境をさまよう
生老病死の四苦における始めと終わり。前世の業の結果として生死を繰り返す迷いの世界。輪廻りんね。生死輪廻。
死。 われらが-の到来、ただ今にもやあらん/徒然 41
[句項目] 生死即涅槃 生死を離る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいし【生死】
生きることと死ぬこと。いきしに。しょうじ。 -不明 -にかかわる -を共にする

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いき‐しに【生死】
〘名〙
① 生きることと死ぬこと。生きているか、死んでいるかの別。せいし。しょうじ。
※栄花(1028‐92頃)玉の飾「ただいきしにをつけさせ給へと申させ給ければ」
※人情本・英対暖語(1838)四「そして生死(イキシニ)も知れはしないから〈略〉心は尼にでもなった気で居るは」
② 囲碁の勝負。碁石の生死。
※源氏(1001‐14頃)竹河「あはれとて手を許せかしいきしにを君にまかする我が身とならば」
③ 命をかけるほどのこと。情熱的な様子。
※洒落本・通言総籬(1787)二「いきしにのねへ女郎はきれへだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐じ シャウ‥【生死】
〘名〙
① (saṃsāra の訳語。輪廻(りんね)とも訳す) 仏語。生まれ変わり死に変わりして輪廻すること。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「生死有二種
※正法眼蔵(1231‐53)生死「生死のなかに仏あれば、生死なし」 〔大智度論‐三八〕
② 生きることと死ぬこと。また、生かすことと殺すこと。いきしに。せいし。
※今昔(1120頃か)五「今日の命の生死、只、汝を憑(たの)む所也」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「鶴は岨(そば)を滾落(まろびおち)て、生死(セウシ)もしらずなりし事」
③ 生まれてから死ぬまでのあいだ。生きている間。一生。生涯。また、生命。
※曾我物語(南北朝頃)一「しゃうし限りあり。遁るべからず」
④ (「生」より「死」に重きをおいて) 死ぬこと。死。
※無名抄(1211頃)「このたびの集に十首入りて侍り。これ過分の面目なる中にも、此哥の入りて侍るが、生死の余執ともなるばかり嬉しく侍るなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐し【生死】
〘名〙 生きることと死ぬこと。生まれることと死ぬこと。生きているか死んでいるか。死生。いきしに。しょうじ。
※山陽詩鈔(1833)一・癸丑歳偶作「天地無始終、人生有生死
※正雪の二代目(1927)〈岡本綺堂〉一「素破と云ふとき先生と生死を倶にすると云ふやうな者が、およそ幾人ぐらゐござるかな」 〔史記‐倉公伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生死」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生死の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation