@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生活共同体【せいかつきょうどうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生活共同体
せいかつきょうどうたい
Lebensgemeinschaft
共同体のうち,特にその構造が日常の生活と緊密な関連をもったもの。成員の数は比較的少く,共通な体験や理解を可能とする,空間的にも限られた社会関係の濃厚な社会的組織で,一般には,共同体や村落共同体などがこれにあたる。生産手段を共有し,自治および生活扶助組織をもち,経済的にも自給自足を基本とする。また生活防衛上,外に対して封鎖的な傾向を示す。 M.シェーラーは社会の4つの基本形態 (群衆,生活共同体,利益社会,精神的共同体) の一つにこれをあげ,家族民族を例示しているが,これは共同体のもつ宿命的性格に注目したためである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいかつ‐きょうどうたい〔セイクワツ‐〕【生活共同体】
家族や村落のように、その成員が生活様式、生活の基盤などを共有する集団のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいかつきょうどうたい【生活共同体】
緊密な生活関連をもった共同体。成員の共通の生活様式をもとにした社会的統一体で、家族・村落・民族などがその例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生活共同体
せいかつきょうどうたい
Lebensgemeinschaftドイツ語
家共同体とか村落コミュニティといったような、成員の生活全体が、濃厚な関連をもち、互いに知り尽くされているような社会的統一体をいう。比較的成員の少数な社会において成立している場合が多い。[二宮哲雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活共同体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生活共同体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation