@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生活形【せいかつけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生活形
せいかつけい
life-form
適応型ともいう。生物生活様式に適応した形態上の型。生物の生活様式による類型をいう生活型 (せいかつがた) life-typeとは区別して用いられる。分類上類縁関係の近いものほど似た形態をもっているが,異なる種類の生物でも環境に適応した形質をとることがある。地質時代古生物でも同じ種族の生物が異なる生活形に分れていく例がある。進化の 24則では「放散法則」がこれにあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいかつ‐けい〔セイクワツ‐〕【生活形】
生物、特に植物が環境に適応して現す形態・性質の類型。休眠芽位置により挺空(ていくう)植物・地表植物地中植物などに分けるもののほか、種々の分類がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいかつけい【生活形 life form】
生活様式を反映した生物の外形の類型。生育地の条件など環境条件に密接に関係のある形態についていうもので,個体の概形だけでなく,特定部分の形態を類型化していうこともある。 生物の系統関係が問題にならなかった時代には,多様な生物を類型化する際に生活形に相当するものが重視された。すでにギリシア時代に,アリストテレスは動物を血液の有無,足の数などによって類型化したし,テオフラストスは植物を高木,灌木亜灌木,草本などに類型化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいかつけい【生活形】
生物の生活様式を反映した形態による分類。普通、環境に適応した形態についていう。植物では、冬芽など不良環境に耐える芽の位置により、地上植物・地表植物・地中植物などに分ける。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生活形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation