@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生活【ショウカツ】

デジタル大辞泉

しょう‐かつ〔シヤウクワツ〕【生活】
[名](スル)せいかつ(生活)」に同じ。
「―、人事(にんじ)、伎能、学問等」〈徒然・七五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐かつ〔‐クワツ〕【生活】
[名](スル)
生きていること。生物がこの世に存在し活動していること。「昆虫の生活」「砂漠で生活する動物」
人が世の中で暮らしていくこと。暮らし。「堅実な生活」「日本で生活する外国人」「独身生活
収入によって暮らしを立てること。生計。「生活が楽になる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいかつ【生活】
スル
暮らしていること。暮らしていくこと。暮らし。 -を営む
生きて活動すること。 アリの-を観察する
暮らしを支えているもの。生計。 -の道を立てる -をかける

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐かつ シャウクヮツ【生活】
〘名〙
① (「しょう」は「生」の呉音) 生業を営んで暮らしていくこと。生計。せいかつ。
徒然草(1331頃)七五「生活(しゃうくゎつ)・人事・伎能・学問等の諸縁を止(や)めよとこそ、摩訶止観にも侍れ」 〔摩訶止観‐四下〕
② 生きかえること。蘇生
※私聚百因縁集(1257)五「立ち所に生活(シャウクヮツ)す。即ち出家す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐かつ ‥クヮツ【生活】
〘名〙
① 生きていること。また、生かすこと。生存して活動すること。この世に存在すること。
※乾坤弁説(1656)元「夫れ物の性を論ずるには、生活して其作用あるを以て論ずるもの也」
随筆・山中人饒舌(1813)下「大凡毎人各具真性真情。須自出手眼而生活。不可寄人籬下也」 〔孟子‐尽心〕
② 世の中に暮らしてゆくこと。また、その暮らし。生計。しょうかつ。
※宝生院文書‐永延二年(988)一一月八日・尾張国郡司百姓等解「而猶思生活之便、及五六月之比
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「おのれ近来生活(セイクヮツ)繁多にして、諸才子新作の草紙へ、或は序し、或は校じ」 〔北史‐胡叟伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生活の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation