@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生玉【いくたま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生玉
いくたま
大阪市天王寺区北西部の一地区。地名は,天正 11 (1583) 年に上町台地北端からこの地に移された生国魂 (生玉) 神社があることに由来。境内の東に,近松門左衛門の『生玉心中』にちなんだ浄瑠璃神社がある。一帯城下町であった頃の寺町で,現在も寺院が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いく‐たま【生玉】
〘名〙 (「生」は、生き栄える、の意という) 手にする人を長生きさせる玉。持てば長生きできると信じられている玉。一説に「魂」を祝っていうことばとも。
※令集解(868)職員「穴云。饒速日命。降天時。天神授瑞宝十種。〈略〉生玉一。足玉一」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いくたま【生玉】
(「いくだま」とも)
[一] 大阪市天王寺区西部の地名。
[二] 大阪市天王寺区生玉町にある生玉神社の略称。正しくは生国魂(いくくにたま)神社という。祭神は生島神(いくしまのかみ)、足島神(たるしまのかみ)。本殿の屋根の構造が特異で、生玉造り(生国魂造り)とよばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生玉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生玉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation