@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生理休暇【せいりきゅうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生理休暇
せいりきゅうか
女性特有の生理に対する労働基準法上の特別の保護制度。日本特有の制度といわれる。労働基準法 68条は,生理日就業が著しく困難な女子が休暇を請求したときは,使用者はこれを生理日に就業させてはならないと定めている。休暇日の賃金の支払いは法律上義務づけられておらず,労働協約就業規則に特に規定がなければ無給となる。なおかつては「生理に有害な業務」についても規定があったが,1985年の法改正で削除された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいり‐きゅうか〔‐キウカ〕【生理休暇】
労働基準法に基づいて、生理日の就業が著しく困難な女子労働者に与えられる休暇。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいりきゅうか【生理休暇】
使用者は,生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは,その者を生理日に就業させてはならない(労働基準法68条)。生理休暇は,女性労働者の労働条件,作業環境,生活条件などが劣悪な時代に,就労によって生理時の母体に負担をかけ母体機能を悪化させてはならないという配慮背景に,戦前からの運動のなかから生まれでた制度である。そのため,ある時期以降は,女性の労働条件が改善されたとして,本規定の廃止を主張する論議がみられるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

生理休暇
せいりきゅうか

婦人労働者の健康と母性保護のための制度で、婦人労働者が生理のときに使用者に請求する休暇のことである。労働基準法(昭和22年法律49号)第68条は「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女子が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」旨を定めている。これに違反した使用者は罰金を科せられる(120条)。生理休暇については、労働者側は、生理時には通常の場合と異なって疲労度が著しく高くなること、また、母性保護上も生理休暇は重要であると主張してきたが、企業の側は、生理休暇は医学的に根拠はなく、かえって婦人の平等雇用を妨げているとして、その廃止を強く要求してきた。このような両者の対立の結果、男女雇用機会均等法の成立(1985)に伴う労働基準法の改正によって、旧法第67条(現68条)の「又は生理に有害な業務に従事する女子」という文言が削除され、その規定が一部緩和された。

[湯浅良雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいり‐きゅうか ‥キウカ【生理休暇】
〘名〙 労働基準法、船員法に基づく女子の休暇の一つ。生理日の就業が著しく困難な女子または生理に有害な業務に従事する女子に、本人の請求によって与えられるもの。〔労働基準法(1947)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生理休暇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生理休暇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation