@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生産力【せいさんりょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生産力
せいさんりょく
productive force; Produktivkraft
一般的には物財を生産しうる力を意味するが,マルクス経済学においては,生産関係とともに生産様式を構成する一側面として,歴史の推移を説明する基本的概念の一つとされている。 K.マルクスは『経済学批判』の序文で簡単な説明を与えた以外,生産力,生産関係の両者について特に記述しているわけではないが,今日一般的にとられている解釈によれば,生産力の構成要素は,生産手段労働力とであり,これら要素が一定方式で結合されて現実に生産の作用を行うようになったとき,それを生産力と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいさん‐りょく【生産力】
物質的財貨を生産しうる力。労働力と生産手段とが一定の生産関係を通じて結合することによって生み出される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいさんりょく【生産力 productive force】
狭義には経済社会を構成する個々の部面(産業,企業,工場など)での生産能力あるいは労働の生産性のことをいうが,一般的には人間の社会生活に必要な種々の生産物の社会的供給能力,いわゆる社会的生産力の意味で用いられる。人類社会の発展はこのような社会的生産力の発展によって支えられており,生産力の発展水準が社会発展の度合を規定しているといってよい。広い意味での社会的生産力の水準を規定するのは,労働力の質および量,機械化の進展に代表される生産技術の発達の程度,労働力と生産手段の社会的質量編成,利用可能な資源性能とその賦存状況,さらに生産物市場,労働市場金融市場を含むいわゆる市場機構の発達水準,およびこれらすべてにかかわる科学的知識の質と量などである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいさんりょく【生産力】
社会が物質的な財貨を生産する力。労働力と生産手段が一定の生産関係のもとで結合して成立する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいさん‐りょく【生産力】
〘名〙 物質的財貨を生産する力。労働力と生産手段とが一定の生産関係を通じて結合することによって生み出される。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「外交とは科学的莫大の生産力を相殺するに付ての販路の拡張なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生産力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生産力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation