@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生産手段【せいさんしゅだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生産手段
せいさんしゅだん
Produktionsmittel; means of production
一般に土地,資本労働生産の3要素というが,このうち物的で受動的な要素である資本と土地を生産手段という。しかしマルクス経済学では資本とは歴史的な概念であり,資本主義社会においては利潤を生み出すものはすべて資本と観念されるところから,投入される原料などの労働対象と,労働者が労働対象に働きかける伝導体としての労働手段のことをさし,生産手段がいかなる階級によって所有されているかという生産手段の社会的所有関係が生産関係基礎であるとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいさん‐しゅだん【生産手段】
生産過程において、労働と結合して生産物を産出するために消費・使用される物的要素。労働対象原材料・土地・樹木鉱石など)と労働手段(道具・機械・建物・道路など)とからなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいさんしゅだん【生産手段 means of production】
あらゆる経済活動の基礎をなすの生産は,労働する主体である人間と客体である労働条件(自然)との間の物質代謝過程である。この生産過程において主体的な要因をなす人間の労働力に対し,機械や原料などの客体的な諸要素はすべて生産手段として一括される。 これらの生産手段は,労働によって変形されて人間の使用に適合した形を与えられる素材としての労働対象と,労働がそれをつかって労働対象に合目的的に働きかける労働手段,そしてそれらのいずれにも入らない燃料電力などの補助材料に分類される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいさんしゅだん【生産手段】
労働と結びついて、生産のために使用される物的要素。労働対象(原料・補助材料など)と労働手段(道具・機械・建物など)からなる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生産手段
せいさんしゅだん
means of production英語
Produktionsmittelドイツ語
人間の生活に必要な財貨の生産に役だち、生産的消費の対象となるものをいう。消費資料が人間の個人的消費の対象となるのに対して、生産手段は生産過程で生産的に消費される。生産手段は労働力とともに労働過程にとって不可欠な要素となる。ところで、生産手段と消費資料とを区別するものは財貨の性質ではなく、財貨が消費される仕方である。生産手段は労働対象と労働手段とからなるものであって、労働対象は労働主体が労働する対象であり、土地・森林・自然的資源などまだ人間の労働によって加工されていないものだけでなく、すでに労働によって加工された原材料を含む。労働手段はこの労働対象に対して行われる人間労働を媒介するものであり、労働の伝達体として役だつ。この労働手段のうち道具や機械などは生産の筋骨体系とよばれ、管・籠(かご)・桶(おけ)など労働対象の容器となる生産の脈管系統と区別される。また、生産に使われる工場、倉庫、道路、運河なども労働手段のうちに含まれる。生産手段のうち労働手段は労働対象とは違って生産過程で積極的な役割を果たすところから、近年生産手段とは別に生産用具と名づけられ、それと労働力が生産力の構成要素であるといわれている。階級社会において階級を区別するものは生産手段の所有関係である。資本主義社会で生産手段を所有するのは地主・資本家階級であり、労働者階級は労働力を所有するが生産手段を所有しない。[藤田勝次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいさん‐しゅだん【生産手段】
〘名〙 生産に物質的条件として使用されるもの。道具、機械、労働用建物などの労働手段と、土地、森林、自然的資源などの労働の対象とに分けられる。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉森井コンツェルン「例の関税引上と独占価格と、インフレーション物価は、肥料その他農民の生産手段(セイサンシュダン)の価格を高め」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生産手段」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生産手段の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation