@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生産様式【せいさんようしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生産様式
せいさんようしき
Produktionsweise; mode of production
マルクスの経済理論および社会理論において歴史上の種々の経済システムを段階的に区分する際の基礎概念。特に資本主義生産様式とそれ以外の生産様式との区別が重視される。マルクスによれば生産力生産用具と労働力の結合によって生れる力であり,生産の仕方の技術的な側面である。生産関係は生産の過程で社会の成員が結ぶ一定の社会的な人間関係であり,生産の仕方の社会的,経済的側面である。生産様式はこの2つの要因統一により成り立っている。生産様式は歴史的に変化してきたが,その発展の主導的な要因は生産力である。生産力の発展段階に対応して生産関係が変り,両者の統一体である生産様式も変化する。今日までに存在した生産様式の歴史的発展段階として,原始共同制,古代奴隷制,中世封建制,近代資本制および社会主義制の5つがあるとされる。なお生産様式論は,主として古代社会,封建制,資本主義の3つの生産様式をに,アジア的生産様式論や社会主義体制をも視野に入れ,1970年代以降 L.アルチュセール学派を中心に国際的な研究,論争が盛んとなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいさん‐ようしき〔‐ヤウシキ〕【生産様式】
物質的財貨を生産する様式。生産力と生産関係との統一によって規定される。歴史的には、原始共同体的・奴隷制的・封建制的・資本主義的・社会主義的生産様式などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいさんようしき【生産様式】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいさんようしき【生産様式】
社会が物質的な財貨を生産するための様式。マルクス主義経済学では、歴史上、原始共同体・奴隷制・封建制・資本主義・社会主義の五つの基本的な型に分類される。生産力と生産関係の統一により成立する。 → 生産関係

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生産様式
せいさんようしき
mode of production英語
Produktionsweiseドイツ語
人間はその生存に必要な財貨を社会発展のそれぞれの段階にふさわしい仕方で生産する。生産様式というのはこのような財貨を獲得する仕方をさすものであって、マルクス経済学の基本的カテゴリーの一つである。
 生産様式はより狭い意味では、労働過程の技術的・社会的諸条件によって規定された生産の仕方をさすものである。たとえば、マニュファクチュアや機械制大工業は社会のそれぞれの発展段階における技術的・社会的諸条件のもとで成立した生産の仕方であったし、その意味でそれらを生産様式とよびうる。
 しかし一方、生産様式を人類史的展望のもとでみるならば、それはいっそう広い意味をもつ。それは生産力と生産関係の歴史的・社会的結合の様式を意味する。人間の自然に対する意識的活動としての生産活動において、生産力は労働力と生産手段とが社会的に結合して形づくられるが、この二つがどのように結び付き生産力として現実に作用するのかを決定するのは生産関係である。生産関係は生産に際して人間が相互に取り結ぶ関係であり、労働力の所有者と生産手段の所有者の社会的結合関係である。生産様式はこの生産力と生産関係の統一的概念であって、両者がどのように統一されているのかによって人類社会の発展はさまざまな段階に区別されるのである。マルクスは『経済学批判』(1859)の序言で、いままでの人類社会が次の四つの異なった生産様式をもつ歴史段階を経過してきたと述べている。それは「アジア的・古代的・封建的・近代ブルジョア的生産様式」である。これら一連の歴史段階は、生産力と生産関係が相互に規定しあいながら、社会が新たな生産力を獲得することによってそれに照応する新たな生産関係が形づくられることを示している。ここでは生産力がより規定的役割を果たす。一定の生産関係のなかで一定程度まで発展する生産力はやがて既存の生産関係と衝突するようになると、発展した生産力にふさわしい生産関係が形づくられる。それは現実の歴史過程では敵対的な階級の闘争として現れる。
 生産様式は下部構造としての社会の経済的基礎をなし、その上に社会の上部構造をなす政治的・法律的・文化的諸制度やさまざまな意識諸形態が形づくられ、両者は相互に規定しあいながらも究極的には生産様式の発展が上部構造を規定し、発展させることになる。[藤田勝次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいさん‐ようしき ‥ヤウシキ【生産様式】
〘名〙 人間の生存に必要な衣食住、その他の生活手段を獲得する歴史的・社会的様式。生産における社会の生産力と生産関係との統一。社会の発展を決定し、生産力によって規定される。原始共同体的・奴隷制的・封建制的・資本主義的・社会主義的の五つの基本型がある。
※堕落(1965)〈高橋和巳〉二「何を調査しても要するにアジア的生産様式ということに帰結する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生産様式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生産様式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation