@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生産物地代【せいさんぶつちだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生産物地代
せいさんぶつちだい
現物地代とも呼ばれる。直接生産者である農民が農工労働による各種生産物で荘園領主に支払う封建地代の一つ。剰余労働収奪という点で労働地代と本質的に変りはないが,生産力の一定発展前提として,ヨーロッパでは労働地代に代って,13世紀頃に一般化した。商品貨幣経済の発展とともに貨幣地代移行,農民の相対的独立性はより高まったが,アジア諸地域では後世まで残存した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいさんぶつちだい【生産物地代】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

生産物地代
せいさんぶつちだい

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生産物地代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生産物地代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation