@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生産管理【せいさんかんり】

デジタル大辞泉

せいさん‐かんり〔‐クワンリ〕【生産管理】
企業において、生産効率を高めるために行われる生産に関する予測・計画・統制などの管理活動。
争議行為の一。労働者が使用者の管理権および指揮命令権を一時的に排除し、自ら企業経営を行うこと。業務管理

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいさんかんり【生産管理】
企業活動上要求される製品生産において,品目数量,品質,納期,原価を,与えられた労働力,機械設備,原材料副資材の枠内で達成するための,計画・統制を生産管理と呼ぶ。生産の全過程におよぶ管理の総称であり,通常つぎの7分野に分けて別々の呼び方でいうことが多い。(1)生産計画 販売計画,製造計画,工程編成,設備計画,要員計画資材計画から成る。製品の販売量を予測し,販売時期,生産に必要なリードタイム,製品在庫状況を勘案して製造(生産)目標を立て,年間月間・日間・時間当りの生産必要量を定める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいさんかんり【生産管理】
生産活動の合理化・能率化をはかるための、生産に関する予測・計画・統制などの管理活動。
労働者の争議行為の一形態。労働者が使用者の指揮・命令を排除し、自主的に生産・業務を管理すること。業務管理。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生産管理
せいさんかんり
production management
(1) 経営管理の一部門。企業が物的生産を計画し,その生産のための作業を指揮,調整,統制する過程をいう。製品の製造方法,時期および場所にかかわりがあるため,製造会社では最も重要な意義をもつ。製造管理よりも幅広く,工場管理よりも狭く解釈されているが,明確な区別はない。 (→工程管理 ) (2) 労働法上では,労働者が団結して使用者の指揮命令を排し,工場,事業所などを占拠して組合の指揮統制のもとに企業経営を行う争議行為をいう。生産管理は使用者の所有権,経営権を侵害するものかどうかが問題になったが,最高裁判所は違法であると判示した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生産管理
せいさんかんり
production management
経営管理上と法律上の二つの意義があるが、後者は近年ほとんど現実性をもつことはなくなっている。
 経営管理としての生産管理は、経営における生産活動を効率化し、生産的諸資源の有効性を最高に発揮させるための体系的施策をいう。具体的にいえば、需要に適合した良質の製品ないし財を、安価にしかも適時に生産するための体系的努力である。その主要な内容は、生産計画、作業研究、作業計画、工程管理、品質管理、原価管理、在庫管理、運搬管理などである。以下、これらについて順次説明する。
 生産計画は、生産すべき製品の種類、数量、品質、生産時期を予定することである。3~5年程度の長期生産計画と、年度内に用いる短期生産計画とに大別される。前者は、経済・需要予測にたった既存製品の生産見通し、新製品の導入予定、設備や労働力など主要生産能力の所要見通しをおもな内容とする。生産計画の中心は年度生産計画であるが、それは1年を単位にした製品ごとの生産予定である。年度生産計画は、必要に応じて半期・四半期・月次などの短期生産計画に細分される。生産計画を能率的に遂行するために、作業の方法・用具・設備・環境について科学的検討を加える必要が生じる。これにこたえるものが作業研究である。それは時間研究と動作研究を中心にしている。時間研究は、作業の標準時間を科学的に設定する手続であり、動作研究は、作業の標準動作を科学的に設定する方法である。これらに基づいて標準作業が設定される。標準作業と生産計画を前提にした具体的な実施計画が、作業計画である。それは、各作業を遂行する作業者や設備・機械の負荷状況(すでに与えられている作業量、その反面が余力)を確認しながら、各作業が暦日時に対応して、いつ・どこで・だれによって実施されるべきかを定めるものである。それは単に日程とよばれることもある。
 生産計画、作業研究、作業計画によって生産管理の計画段階は終了し、実施段階に移る。その中心は工程管理である。それは、工程ごとの作業の進行が計画どおりに行われるよう処置し、遅延を生じた場合には原因を除去し、対策を講じることで、進度管理または進捗管理(しんちょくかんり)ともいう。工程管理の管理基準は時間であるが、それと同時に、品質やコストも重要な基準となる。これらに特化した管理分野が、品質管理と原価管理である。品質管理は、望ましい品質基準内に製品が納まるよう、製品を検査し、生産方法を改善し、人間を訓練する。原価管理は、所定の原価標準と実際原価を対比し、差異の解消に努める。生産の円滑な進行と需要への敏速な対応のためには、原材料や製品の在庫が必要であるが、それが過大になると収益を圧迫する。適正在庫の算定と実現が、在庫管理の目的である。運搬業務の複雑化と運搬手段の専門・多様化は、独立した運搬管理を必要とするようになる。
 法律上の生産管理は、争議行為の一種として、労働者団体(労働組合)が使用者の指揮・命令を排除し、自主的に生産・業務を管理することをいう。第二次世界大戦後の経済混乱期に、この戦術が一時的に多用されたことがある。しかし、経済状態の回復や政府による規制の強化により、しだいに下火になった。この戦術が経営権との関係で合法か違法かについては学説上対立があるが、最高裁判所の判決は違法としている。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいさん‐かんり ‥クヮンリ【生産管理】
〘名〙
① 生産に必要な生産要素の諸活動を計画化し、統制および調整をすること。〔推計学の話(1949)〕
② 労働組合が経営者に対抗する争議手段の一つ。使用者の指揮、命令を排除して、労働者が工場および事業場を経営または管理し、生産や業務活動を代行すること。第二次世界大戦後の一時期行なわれた。業務管理。
※白鳥の歌(1948)〈内村直也〉「ストライキか生産管理か何れかの方法を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生産管理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生産管理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation