@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生産費説【せいさんひせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生産費説
せいさんひせつ
cost of production theory
財の価値の決定を論じる理論の一つで,A.スミス,N.シーニアー,J.S.ミルによって唱えられた。労働価値説,限界効用,均衡論などに対比される。スミスにおいては賃金利潤および地代が価値の源泉であると生産費説が主張される一方で,純粋労働価値説が主張されているなどあまり明確でない。これに対しシーニアーは明確な生産費説を展開した。彼は生産要素を労働,制欲,自然的要素の3つに分けこれによって生産物の価値が決定されるとした。またミルは生産費説を発展させ,生産要素の投下量を増せば生産を増すことのできるものは生産費,および正常利潤をまかなうだけの価値に限界収益逓減則の働くものについては最高生産費によって価値が決ると主張した。 (→価値学説 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいさんひせつ【生産費説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

生産費説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生産費説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation