@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生田川【イクタガワ】

デジタル大辞泉

いくた‐がわ〔‐がは〕【生田川】
神戸市を流れる川。摩耶(まや)山に源を発し、布引滝(ぬのびきのたき)となって神戸港に注ぐ。菟原処女(うないおとめ)が身を投げた妻争いの伝説で知られる。万葉集・一八〇九に詠まれ、大和物語にもみえる。[歌枕
「すみわびぬわが身投げてむ津の国の生田の川は名のみなりけり」〈大和・一四七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いくたがわ【生田川】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いくたがわ【生田川】
神戸市中を流れる川。摩耶まや山を水源として、布引ぬのびきの滝をなし、神戸港に入る。葦屋あしやの菟原処女うないおとめが二人の男(菟原うない・血沼ちぬ)に求婚されて入水した妻争い伝説で有名(「万葉集一八〇九」「大和物語一四七」)。謡曲「求塚」や森鷗外の戯曲「生田川」の素材となる。歌枕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生田川
いくたがわ
叙事伝説。摂津国(大阪府、兵庫県)の女に求婚する2人の男、菟原(うない)と血沼(ちぬ)がいた。女の親はいずれとも決めかねて、生田川の水鳥を射とめたほうに嫁すと約す。2人はそれぞれ水鳥の頭と尾を射たので、女は思い悩み「住みわびぬわが身なげてん津の国の生田の川は名のみなりけり」と詠んで投身する。2人の男は後を追い、それぞれ女の足と手を捕らえて死んだ。人々は女の塚の左右に2人の男の塚を築いて、その塚を処女塚(おとめづか)とよんだ。この和歌説話は『大和(やまと)物語』147段に記されているものだが、古くは『万葉集』巻9に葦屋(あしや)の菟原処女に血沼壮士(おとこ)・菟原壮士が求婚し争った伝説として収載される。『万葉集』にはこの種の塚を訪ねて葬られた処女を悼む歌がいくつか詠まれていて、葛飾(かつしか)の真間(まま)の手児奈(てこな)(巻3、巻9)や桜児(さくらこ)や鬘児(かつらこ)(巻16)も同種の死に遭遇した処女の伝説である。当代の歌人はそれらの伝説に特別の感興を催し挽歌(ばんか)に詠んだのだが、これらの処女は特定の女性というより、その土地土地にあった産土(うぶすな)に仕える巫女(みこ)の伝承である。巫女が神聖な生活を送り、その神の女としての伝承がいくつも重なり合って一つの伝説が定着したものであろう。後代の謡曲『求塚(もとめづか)』はこの伝説で、森鴎外(おうがい)も戯曲『生田川』として劇化し、1910年(明治43)自由劇場により有楽座で上演された。夏目漱石(そうせき)『草枕(くさまくら)』にも登場する。[渡邊昭五]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いくた‐がわ ‥がは【生田川】
[一] 神戸市中央区を流れる川。摩耶山を源とし、布引の滝となって神戸港に注ぐ。菟原処女(うないおとめ)をめぐる妻争いの伝説で知られる。
[二] 「万葉集‐巻九」高橋虫麻呂作の「菟原処女の墓を見る歌」によまれ「大和物語」により流布した妻争いの伝説。津の国の菟原処女に菟原、血沼(ちぬ)の二人の男が求婚し、娘の親が条件に出した水鳥も同時に射あてたので、娘は板ばさみに苦しみ「住みわびぬ我が身投げてん津の国の生田の川は名のみなりけり」とよんで身を投じ、男二人もあとを追ったという。謡曲「求塚」、井原西鶴「好色一代男」などの題材となる。
[三] 戯曲。一幕。森鴎外作。明治四三年(一九一〇)発表。同年有楽座で初演された。生田川にまつわる妻争いの伝説に素材を求めた、現代語を用いた史劇。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生田川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生田川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation