@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生田【いくた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生田
いくた
神奈川県北東部,川崎市多摩区中部の地区多摩丘陵にあり,小田急電鉄小田原線が通る。第2次世界大戦後,明治大学専修大学などの校舎がおかれ,住宅地化も急速に進んだ。東部の桝形山には戦国時代山城がある。そのふもとには生田緑地が設けられ,一画にある日本民家園は全国の古い民家を移築し,公開。江戸中期の建築物も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いくた【生田】[地名]
兵庫県神戸市中央区地名生田神社がある。
神戸市の旧区名。現在は中央区の一部。
神奈川県川崎市多摩区の地名。近辺に生田緑地がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いくた【生田】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いくた【生田】
[1]
[一] 神戸市中央部の地名。生田神社の所在地。昭和二〇年(一九四五)旧神戸区、湊東(そうとう)区を母体とした新区となったが、同五五年に葺合(ふきあい)区と合区し中央区の一部となる。市の政治、経済の中心地。
※後撰(951‐953頃)恋一・五三二「いくたびかいくたの浦に立ち帰る浪にわが身を打ちぬらすらん〈よみ人しらず〉」
[二] 謡曲「生田敦盛(いくたあつもり)」の異称。金春流でいう。
[2] 〘名〙 「いくたりゅう(生田流)」の略。
※洒落本・傾城買指南所(1778)「大かなやの白妙は琴(イクタ)の名人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いくた【生田】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation