@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生皮【ナマカワ】

デジタル大辞泉

なま‐かわ〔‐かは〕【生皮】
なまのままの新しい皮。はいだばかりで、まだ乾燥や加工のしてない皮。「生皮をはぐ」
雁(がん)や鴨(かも)の皮を酢に漬けたもの。煮たてた醤油につけて食べる。
怠けること。ものぐさなこと。また、その人。
「物ぐさの蔵人と召されけるより、世には―の蔵人とも呼ぶ」〈鶉衣・蔵人伝〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いき‐がわ ‥がは【生皮】
〘名〙 生きている動物の皮。動物からはぎ取ったばかりの皮。「生き皮をはぐ」の形で用いる。
※天草本伊曾保(1593)狼と狐の事「キツネノ iqigauauo(イキガワヲ) ハイデ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なま‐かわ ‥かは【生皮】
〘名〙
① よく乾いていない皮。なまのままの皮。
※俳諧・ゆめみ草(1656)夏「なまかはにそだつは竹の子共哉〈玄佐〉」
② 料理の一つ。雁・鴨などの皮を酢に漬けたもの。煮たてた醤油につけて食べる。〔料理物語(1643)〕
③ (形動) なまけること。ものぐさがること。また、そのさまや人。
※仮名草子・長者教(1627)「ものかかず、どんで、ふかんで、ひるねして、ひっこみしあん、びゃうじゃ、なまかは」
④ (形動) 中途半端なさま。
※葉隠(1716頃)一「なま皮に被申上故、御気にさかひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生皮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生皮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation