@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生類【ショウルイ】

デジタル大辞泉

しょう‐るい〔シヤウ‐〕【生類】
命のあるもの。いきもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐るい【生類】
しょうるい(生類)」に同じ。
「公の―御憐愍(ごれんみん)を悪くいう奴」〈魯庵社会百面相

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐るい シャウ‥【生類】
〘名〙
① 生命のあるもの。いきもの。生物。せいるい。
※観世音菩薩受記経跋‐天平六年(734)「由是仰憑三宝、帰依一乗、敬写一切経、巻軸已訖、読之者、以至誠心、上為国家、下及生類、乞索百年、祈祷万福」
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)四「ヲヲ我迚も生類(シャウルイ)の、恩愛の節義身にせまる」 〔列子‐説符〕
② 連俳の分類用語。人倫に対して動物(うごきもの)をいう。
※連歌新式追加並新式今案等(1501)「可打越物〈略〉生類に贄 依句体神祇云々」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐るい【生類】
〘名〙 いきもの。生物。しょうるい。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「公の生類(セイルイ)御憐愍を悪くいふ奴があるが〈略〉動物保護で人道の大義に協(かな)ってるものだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation