@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

生駒山【いこまやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生駒山
いこまやま
奈良県と大阪府にある山。生駒山地主峰標高 642m。花崗岩から成る 300~400mの山地の上に閃緑岩の残丘としてそびえる。山頂から奈良盆地,大阪平野が一望され,古くから交通,戦略上の要地。初め,修験者の行場とされていたが,延宝6 (1678) 年,東側中腹宝山寺創建後,生駒聖天の名で大阪商人の信仰を集めた。 1914年大阪電気軌道 (現近畿日本鉄道奈良線) ,18年ケーブルカーが開通し参詣者が急増山麓門前町が発達した。山頂には山上遊園地をはじめ京都大学天文台,テレビ塔,マイクロウェーブ中継所がある。 59年阪奈道路が山頂北側に開通,64年その道路の登山口から山頂を経て信貴山にいたる信貴生駒スカイラインが全通した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いこま‐やま【生駒山】
大阪府と奈良県との境にある山。生駒山地の主峰。標高642メートル。中腹に宝山寺がある。金剛生駒紀泉国定公園の一部。草香(くさか)山。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いこまやま【生駒山】
大阪府と奈良県の境をなして南北にのびる生駒山地の主峰。標高642m。更新世の六甲変動で隆起した生駒山地の隆起軸は,北端の淀川沿いの男山から南端の大和川狭隘部まで南北約35km,幅5~6kmに認められる。山地の高度北部で約250m,南へしだいに高くなり450m前後となる。尾根に残る小起伏の平たん面は鮮新世初めの準平原遺物と考えられ,それらを連ねると一定の高さを示す。山地の西側は急傾斜で大阪平野に接し,東側は傾斜して奈良盆地に移行している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

生駒山
いこまやま

奈良県と大阪府との境界に位置する生駒山地の主峰。金剛生駒紀泉(こんごういこまきせん)国定公園の一中心。標高642メートル。侵食に耐えた堅い閃緑(せんりょく)岩からなるドーム状の残丘。山頂は平坦(へいたん)面をなし、大阪府側の西斜面は急崖(きゅうがい)、奈良県側の東斜面は緩傾斜で生駒谷に下る。古くから胆駒山(『日本書紀』)、射駒山(『万葉集』)などの名で知られる。1678年(延宝6)東側中腹の般若窟(はんにゃのいわや)の下に宝山寺(ほうざんじ)が創建されてから庶民の信仰を集めた。山頂には遊園地、各局テレビ塔などがあり、阪奈道路から分岐する信貴(しぎ)生駒スカイラインや近畿日本鉄道生駒駅近くの鳥居前駅からはケーブルが通じている。

[菊地一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いこま‐やま【生駒山】
大阪府と奈良県の境にある生駒山地の主峰。中腹に宝山寺(生駒聖天)、山頂には天文台、遊園地がある。金剛生駒紀泉国定公園の一部。標高六四二メートル。草香山(くさかやま)。鬼取山。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生駒山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生駒山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation