@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

産業廃棄物【さんぎょうはいきぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

産業廃棄物
さんぎょうはいきぶつ
industrial waste
事業活動により生じる燃えがら汚泥廃油,廃酸,廃アルカリ,廃プラスチック類その他の廃棄物。産業の巨大化に伴い大量に排出されており,その量は一般廃棄物の数倍に達するとされる。そのなかには人や環境に有害な物質も大量に含まれ公害発生の原因にもなっているため,1970年,公害関係法の整備により定義を明確にし,その処理について義務者や処分の方法などを規定する「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)が制定された。産業廃棄物は事業者がみずから処理することが義務づけられており,都道府県は,広域的に処理することが環境保全に役立つと認めるときは費用を事業者に負担させて処理することができる。処理方法は,運搬,処分,保管により環境を害さないよう,政令の定める基準に従って行なわなければならない。産業廃棄物の処理を業とする者は,都道府県知事の許可を必要とし,また事業者は,他者に委託する場合は許可を受けた業者に行なわせなければならない。また処理が適正に行なわれるよう,都道府県知事は廃棄物の排出に見合った処理施設の設置,運搬など処理の基本的事項を定める義務がある。2011年における産業廃棄物の総排出量は約 3億8000万tで汚泥が最も多く,うち約 2億tが再生利用(→リサイクル)された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんぎょう‐はいきぶつ〔サンゲフ‐〕【産業廃棄物】
工場など事業活動に伴って生じた廃棄物。法令でその事業者が処理することを義務づけられている燃えがら・汚泥・廃油・廃プラスチック・ゴムくずなど。産廃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぎょうはいきぶつ【産業廃棄物】
広い意味では事業活動に伴って生ずる廃棄物総称であるが,日本では〈廃棄物の処理及び清掃に関する法律〉(略称〈廃棄物処理法〉)において,産業廃棄物とは,事業活動に伴って生じた廃棄物のうち,燃殻,汚泥,廃油,廃酸,廃アルカリ,廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物と定義されている。政令では,上記の6種類に加えて,紙くず,木くず,繊維くず,ゴムくず,動植物にかかわる不要物,金属くず,ガラスおよび陶磁器くず,建設廃材,鉱滓家畜糞尿(ふんによう),家畜の死体などの13種類が指定され,合計19種類に分類されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんぎょうはいきぶつ【産業廃棄物】
事業活動に伴って生じた燃え殻・汚泥・廃油などの廃棄物。原則として事業者が処理する責任を負う。産廃。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

産業廃棄物
さんぎょうはいきぶつ
産業活動に伴って排出される廃棄物。産廃(さんぱい)とも略される。産業活動により排出される大量の有害廃棄物の発生は、人の健康や生活環境の破壊等大きな社会問題を引き起こしてきた。日本でも1960年代の急速な工業化とともに産業廃棄物の処理が深刻な問題となっている。産業廃棄物の焼却によって発生するダイオキシンは大気汚染を招き、廃棄物の投棄、海洋処分は、土壌汚染や水質汚濁を深刻化してきた。そこで、1970年(昭和45)には、生活環境の保全を目ざし、廃棄物の排出抑制、再生利用、適正処理に対処する「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)が制定されている。この法律は、その後、2011年(平成23)に至るまで、十全を期して改正を続けている。1991年(平成3)には、廃棄物の増大、適正処理困難物の増加に対処しようとした改正がなされ、1997年には廃棄物の減量化を進め、不法投棄に対して罰則を強化するものとなり、2000年には排出事業者の責任をいっそう厳しく追及するものとなっている。そして、一般廃棄物と区別して産業廃棄物の内容、および処理義務者を明確化すると同時に廃棄物の処分方法について規定している。とくに、第12条は、産業廃棄物を工場などの事業活動において発生する20種類の廃棄物と輸入された廃棄物であると定めている。事業活動に伴う20種類の廃棄物とは、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、ゴム屑(くず)、金属屑、畜産業から排出される動物の糞尿(ふんにょう)・死体、その他政令で定める廃棄物等である。
 こうした産業廃棄物については、排出事業者が自らの責任で適正処理することを義務づけている。産業廃棄物を処理、処分できる許可を受けた産業廃棄物処理事業者へ処理、処分を委託することは可能であるが、処理、処分を他人に委託する場合には、産業廃棄物の名称、運搬業者名、処分業者名、取扱注意事項等を明記したマニフェスト(産業廃棄物管理票)を作成することになっている。マニフェスト制度は、委託した産業廃棄物の適正処理の確認、産業廃棄物の処理、処分、運搬についての責任の明確化、不正な処理の未然防止等を意図するものである。マニフェスト制度は、1990年に開始され、1998年よりマニフェストの適用範囲が、すべての産業廃棄物に拡大された。当然、法律違反は罰則を受けることになる。
 また、廃棄物処理法は「爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有する廃棄物」のうち、廃PCB(ポリ塩化ビフェニル)部品等を特別管理一般廃棄物とし、廃揮発油類等を特別管理産業廃棄物と規定し、必要な処理基準を設け、通常の廃棄物よりも厳しい規制を行っている。なお、自動車の排気ガス規制に関しては、環境省だけでなく国土交通省も規制強化を指向している。さらに、放射性廃棄物は原子力基本法等にのっとって処理されことになるが、その最終処分場などに関しては、大きな社会問題なっている。
 1990年代には、瀬戸内海の豊島(てしま)(香川県土庄(とのしょう)町)、東京都日の出町で、産業廃棄物が深刻な社会問題を引き起こしてきたし、2000年代に入っても、愛知県小牧市桃花台(とうかだい)ニュータウンにおいて、王子製紙春日井(かすがい)工場等からの産業廃棄物が、土壌汚染、健康被害、地盤低下をもたらすということで問題となっている。
 他方、2000年には「循環型社会形成推進基本法」が成立し、廃棄物の発生抑制、再使用、適正処分等について総合的かつ計画的に取り組む循環型社会の形成が目ざされてきている。こうしたこともあり、2000年代初頭、日本では約4億トン規模の産業廃棄物が排出されていたが、2011年には3億8121万トンにまで減少している。それでも、廃棄処分には巨額な費用がかかり、処理場の不足もあり、不法投棄は減少傾向にはあるが、撲滅されてはいない。2012年度の不法投棄件数は187件、不法投棄量は4.4万トンとされている。そして、2012年段階で、最終処分場の残余容量は、14.9年程度分受入可能な約1億8606万立方メートルとされている(環境省「産業廃棄物の排出及び処理状況について」2013)。[大西勝明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんぎょう‐はいきぶつ サンゲフ‥【産業廃棄物】
〘名〙 工場などの産業活動に伴って生じた、燃えがら・汚泥・廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック類・鉱滓などの総称。原則として排出事業者がその処理の責任を負う。
※廃棄物の処理及び清掃に関する法律(1970)一〇条「事業者は、その産業廃棄物を自ら処理しなければならない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

産業廃棄物
サンギョウハイキブツ
industrial waste

企業や工場などの事業活動に伴って生じる廃棄物.政令では量・質的に環境汚染の原因となる可能性のあるものを産業廃棄物と定めている.燃えがら,汚泥,廃油,廃酸,廃アルカリ,廃プラスチック類,そのほか政令で定める廃棄物(紙くず,木くず,繊維くず,動物・植物残さ,ゴムくず,金属くず,ガラスくず,鉱さい,建設廃材,家畜糞尿,動物の死骸,ダスト類)など,現在,20種類に分類されている.産業廃棄物以外のオフィスごみなどは一般廃棄物となる.産業廃棄物,一般廃棄物を含めて,地球環境の保全と資源の有効利用の観点から,発生の抑制,適正処分とともに,再利用,再資源化などのリサイクル研究が進められている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

産業廃棄物
一般廃棄物」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

産業廃棄物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

産業廃棄物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation